隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ゆうとりあ | main | 光のアカシャ・フィールド >>
# 珈琲屋の人々
評価:
池永 陽
双葉社
¥ 1,785
(2009-01)
コメント:古くて味のあるお店で「美味しい珈琲」と「ちょっといい話」はいかが?

JUGEMテーマ:小説全般
● 珈琲屋の人々 / 池永陽
● 双葉社
● 1785円
● 評価 ☆☆☆
下町の商店街にある喫茶店『珈琲屋』
古いが木作りで味わいのある店に、本格的な味わいのうまい珈琲が自慢だ。
しかし、ここに集まってくるのは心に傷を負った地元の者たちばかり。
過去にこの町を守るために罪を犯し、前科者になったマスター・行介に話を聞いてもらいたくて、
彼らは今日も『珈琲屋』にやってくる。
さまざまな人間模様を、情感溢れる筆致で描いた連作集。


(感想)

かつて、この商店街を守るために人を殺めてしまった行介。
彼が営む喫茶店「珈琲屋」にやってくる悩める町の人々を描く短編連作集です。

普通の日々を過ごしているように見える人にも悩みがある。
誰にも話せない・・・でも誰かに聞いてほしい。
人の気持ちの美しさも醜さも丁寧に描いています。
きれいに締めくくるわけではなく、
うまくいかずに何らかの教訓を残してくれるようなほろ苦さがしみる。
その苦味がコーヒーの美味しさとうまくマッチしてるんですよねぇ

知らない人がいないような古くからの町で、
若い人が地元に昔からある喫茶店に一人で入って珈琲なんか飲むかな?と
ツッコみたい気持ちもあるけれど、
昔ながらの人付き合いと人情を描く作品だから、まぁ今回は目を瞑るとしましょう

行介と冬子の大人の純情も心にジンジン響きます。


今日も暑いです
けど、この本を読むとアイスコーヒーじゃなく、
苦味のある熱いコーヒーをゆっくり味わって飲みたくなります。
そんな作品です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:35 | category:    池永陽 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:35 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/607
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links