隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< WE LOVEジジイ | main | 本日、サービスデー >>
# ちょいな人々
評価:
荻原 浩
文藝春秋
¥ 1,600
(2008-10)
コメント:人生がもうちょい良くなるように頑張る人たち

JUGEMテーマ:小説全般
● ちょいな人々 / 荻原浩
● 文藝春秋
● 1600円 
● 評価 ☆☆☆
会社の若い女子社員の褒め言葉に有頂天になる中年課長、
隣の庭木がウチの敷地まで伸びてきているのに悩む主婦、
脱サラして占い学校に通って占いを学んだ占い師、
いじめられっ子と一緒に復讐する市のいじめ相談員など、
今よりほんのちょっとだけ幸せになるために頑張るついてない人達。
破天荒だけど健気に頑張る普通の人たちのユーモアワールド。



(感想)
人生の悲哀をブラックな笑いを込めてうつしだす短編集。
荻原さんお得意のジャンルなので面白かったんだけど新鮮味はナシ
“前にも読んだことがあるような・・・”みたいな気がしてしまう。
この系統がまた続いたらいつかは飽きちゃいそう

どのお話の主人公も今よりもちょっとだけ幸せになろうと奮闘します。
少しやりすぎちゃったり、空回りしたりもするんだけど、どうも憎めないんだよなぁ。
笑っちゃうんだけど、どこかに人生の悲哀も感じられて
ついつい主人公たちを応援したくなります

「くたばれ、タイガース」みたいな人間関係は現実にたくさんありそう
「犬猫語完全翻訳機」も実際にあったらこんな悲劇が待ち受けていそうでコワ〜

表紙のイラストは益田ミリさん。
イラストの力の抜け具合が作品とうまくマッチしててバランスいいなと思いました
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:24 | category:    荻原浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:24 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links