隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブラザー・サン シスター・ムーン | main | N・P >>
# 廃墟建築士
評価:
三崎 亜記
集英社
¥ 1,365
(2009-01-26)
コメント:建物が意志や心を持ったなら・・・?

JUGEMテーマ:小説全般
●廃墟建築士/三崎亜記
●集英社
●1365円
●評価 ☆☆☆
廃墟に魅せられ、廃墟建築士として生きてきた私。
この国の廃墟文化の向上に努めてきたが、ある日「偽装廃墟」が問題になり…「廃墟建築士」。
巷でおこる事件は七階で起こることが多いため、七階を撤去しようという決議が市議会で出され、
七階に住む人たちが反対運動をおこす「七階闘争」など、
ちょっと不思議な建物で起こる、ちょっと奇妙な事件たち。
三崎ワールドの魅力あふれる作品集。



(感想)
うーん、今作も独特の三崎亜記ワールド。不思議な作品集でした。

建物から七階だけを排除しようとする「七階闘争」。
新築の廃墟を建築する職業がある「廃墟建築士」。
深夜になると本が野性に戻って飛翔する「図書館」。
意志を持つ蔵とそれを守る蔵守を描く「蔵守」。

・・・、4つのお話の内容を簡単に書いてはみたものの、
これを読んだだけでは「はぁ」ってかんじでしょうね、たぶん

すべてに共通するのは「建物」。しかもただの「箱モノ」じゃない。
愛され、意志をもっている。
現実には絶対ありえないシチュエーションに、今作は「感情」が丁寧に織り交ぜられていて、
だからこそすぐに受け入れられるんだと思う。
しかも、描かれる感情はどこか物悲しく、ちょっぴりさびしさも誘う・・・。

三崎亜記の発想力ってやっぱ尋常じゃない。他の誰にも似ていない。

「図書館」には本好きとして夢を見せてもらいました
 
| comments(2) | trackbacks(1) | 12:04 | category:    三崎亜記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:04 | category: - |
コメント
★たかこさん★
この人の発想力、ほんと凄いですよね(~_~;)
一体、どんな子供だったんだろ・・・。

やっぱり読んだ人にしかわからないレビューになっちゃいますよね(笑)
| ともみ | 2009/12/16 3:22 PM |

ともみさん こんにちは。

三崎亜記さんの発想力にやられましたね…。
私もレビューを書きましたが、読んでない人にとっては、全く通じない内容だろうな…と(笑)

私も図書館好きなので、すごく楽しめました (*^_^*)
| たかこ | 2009/12/16 11:57 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/564
トラックバック
廃墟建築士 / 三崎亜記
うぎゃぎゃ、面白かった〜!タイトルの廃墟建築士ってどういうこと?普通は、建築物が廃墟になるから、廃墟は建築するものではないと思うけど…。と、しょっぱなから謎、ナゾ、なぞ!に包まれていた。 全四編。 「七階闘争」 この町の犯罪は7階で多発している、
| たかこの記憶領域 | 2009/12/16 11:23 AM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links