隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 風葬 | main | 正義のミカタ >>
# 流れ星が消えないうちに
評価:
橋本 紡
新潮社
¥ 1,470
(2006-02-20)
コメント:「忘れる」んじゃなく、「残す」ということ。

JUGEMテーマ:小説全般
●流れ星が消えないうちに/橋本紡
●新潮社
●1470円
●評価 ☆☆☆☆
恋人の加地君が自分の知らない女の子と旅先の事故で死んだ。
あれから1年半・・・。
奈緒子は、加地君の親友だった巧君と新しい恋をはじめ、
ようやく加地君のいない現実を受け入れ、「日常」を取り戻しつつある。
しかし、あれから二人の間に加地君の話題が出たことは一度もない。
そして、奈緒子は今も加地君の思い出の詰まった部屋では眠ることができず、
玄関に布団を敷いて眠る日々を送っている――。
深い悲しみの後に訪れる静かな愛と赦しの物語。 




(感想)
ずっと気になっていた橋本紡さんを初読み

加地君という男の子の突然の死。
それから一年半が経ち、彼の恋人だった奈緒子は彼の親友だった巧君とつきあっている。
二人の間に一度も加地君の話題が出てこないという不自然さながらも、二人は一緒にいる。

死んでしまった人というのは、それだけで永遠であり、特別なものになってしまう。
生きている人間にはかなうはずのないポジションにいってしまってる。

巧君は奈緒子は愛しあってていることに間違いはない。
それはお互いの中に生きる加地君の存在を感じることも含めての愛情なのだろう。
巧君が言うように巧君の左手は今も加地君の右手をつかんでいるし、
加地君の左手は菜穂子の右手をつかんでいる。
加地君の両手は塞がれているけど、奈緒子と巧君の片手は空っぽのまま。
ならばその手と手をつないでしまえばいい。
そんな風に思える巧君は加地君に負けず劣らず素敵だ。

忘れられるはずがない。
でも、時間がたてばちょっとずつ忘れ、何かは残るだろう。
忘れる必要なんかない。それで構わない。
そう開き直れることが人の死を受け入れるということなんじゃないのかなぁ。
二人の恋はやっと今、スタートラインに立ったのかもしれない。

「忘れる」とか「思い出になっていく」ということは、
私のなかでも毎日心にわだかまっていた思いなので、
所々が自分自身に当てはまり涙がこぼれました。

加地君の言葉が胸に残ります。
「俺はもう考えるのはやめた。やれることはやろうと思うんだ。
考えすぎて立ち止まるのは、いいかげんにしとこうってさ。
動くことによって見えてくるものがあるはずなんだ。」
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:54 | category:    橋本紡 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:54 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/557
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links