隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< あなたがここにいて欲しい | main | 直江兼続 戦国史上最強のナンバー2 >>
# 荒野

評価:
桜庭 一樹
文藝春秋
¥ 1,764
(2008-05-28)
コメント:もっともっと見続けていたい。少女が女に変わる時・・・。
JUGEMテーマ:恋愛小説
荒野/ 桜庭一樹
●文藝春秋
●1764円
●評価 ☆☆☆☆
恋愛小説家の父をもつ山野内荒野。
中学の入学式の日、ようやく恋のしっぽをつかまえた12歳。
恋多き父の相手が変わるたびに、人がやってきては去っていき、またやってくる鎌倉の家。
大好きだった家政婦さんが出て行き、新しい家族としてやってきたのは・・・。




(感想)
桜庭さんの本は「私の男」と「赤朽葉の伝説」の二冊を読んだことがあるんだけど、
これはどっちとも違うかんじ。
この3冊の中ではこの作風がいちばん好き。
マンガっぽいけど、女子的感性でキュンとしちゃいます。
でも、「私の男」で直木賞を受賞して次にこうくるとは・・・
なんだかいまだにつかめない作家さんです。

山野内荒野という女の子の思春期を描きます。
家族、友情、恋・・・誰にでもあった懐かしくも瑞々しい時期。
彼女はいたって平凡な女の子なんだけど、
父親は恋多き人気恋愛作家
二人の親友はどちらもモテモテで注目を浴びる目立つ子なので、
どうしても荒野も注目されることが多い。
荒野なんて名前だけど、名前の第一印象からくるイメージとはまったく性格の違う子。

そんな荒野、親同士の結婚でクラスメートの悠也と兄妹になってしまいます。
以前からなんとなくいい雰囲気の二人だったし、家族になったらフツー悩むでしょ
葛藤があるでしょ
まわりには秘密にはしてるみたいだけど、
そのへんを悩んでる姿がまったく描かずに付き合い続ける二人には違和感を感じます。

軽い青春モノに思えるけど、女の女たる部分はするどく描かれてる。
女の私でもちょっとドキッとするようなセリフも多いですね。

もう子供じゃない、この世のすべてをしっかりと見てやるんだと決意して、
眼鏡をコンタクトレンズに買えるエピソードはすがすがしく素敵でした。
この小説に出てくる女性の中で荒野はいちばん幼かった。
でも、この瞬間、彼女は確実に大人の階段をのぼったんだろうなぁ。

あー、それにしても鎌倉の女の子の生活って素敵だな〜。
当時はコンビニもなかった田舎の学校に通ってた私には彼女らが羨ましくて仕方なかった。
レトロな着物姿で歩く若い女の子たち、
放課後はうさぎの形のかわいいおまんじゅうを食べて、
雰囲気のいい和雑貨屋さんをのぞくような学生時代を送っていれば、
誰もが気立てがよくてかわいい娘さんに成長しそうな気がする。
はあ〜、いいなぁ

最後に記しておこう。
悠也、ワタシ的にドンピシャですこんな男子が自分のまわりにいたらやばいね。
・・・なんて、中学生の男の子に対して思ってしまったー
| comments(6) | trackbacks(1) | 12:51 | category:    桜庭一樹 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:51 | category: - |
コメント
★ヤキソバさん★
あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします♪

どうして「ラン」の記事にだけ迷惑な書き込みがあるのか不思議です・・・。
別にたくさんあるわけじゃないし、
そのつど削除すればいいかなと思ってたけど、
その方法なら簡単そうですね。
今日は眠いからやらないけど、今度設定しようと思います。
アドバイスありがとうございました!
| ともみ | 2009/01/03 1:37 AM |

あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしく、お願い申し上げます。

これから、一仕事してきます。
出勤前に、性別の分かりにくい人について、
思うところを書きます。

北村薫氏は男性ですが、作品の内容は、非常に女性的。
作品からだけでは、著者は女性かと思われそうです。
それでも、最近の短編は、その香りが良いですね。

また、ライトノベルの著者名は、男女不明の方が多いですね。
中には、ちょっとギャグっぽいペンネームを使われている方も、
おられますし、、、。

ところで、今回の書き込みの一番の目的は、
「ラン」について、度々迷惑書き込みがありますが、
「http://」を含む書き込みを禁止するという設定が
出来ないでしょうか?
これが出来れば、ほとんどの迷惑書き込みを、
撃退可能です。
| ヤキソバ | 2009/01/01 5:41 AM |

★ヤキソバさん★
桜庭一樹 → 女
伊集院静 → 男
伊藤たかみ → 男、の他に間違いやすい人はいるでしょうか?
性別を勘違いしていると、作品の印象も大きく変わってくるでしょうね。
「荒野」で荒野たちが放課後や休日に鎌倉の街をブラブラするあの感じなんて
絶対に女の子にしかわからないものだと思うんですよ。
ああいうのを男性にわかったように書いてほしくない!みたいな気持ちはあるなぁ。

ああ、もしかしたら私、モンゴメリが好きな男の人ってはじめて会ったかも!?
これって完全に女の子の世界じゃないですか?
素敵だなと思う部分が違うのかなぁ。
私はアンやエミリー個人を愛するとともに、
プリンスエドワード島の生活にも憧れました。
そういう観点でモンゴメリ作品を愛するのは女性の視点ですか?

私は子供の頃から何より本が好きでしたよ。
祖父が俳人だったので、文学や言葉に触れる機会も多かったです。
ヤキソバさんが野球やサッカーが好きだったなんて意外だなぁ。

今年もお世話になりました。
よいお正月をお迎えください☆
| ともみ | 2008/12/31 2:23 AM |

とみさん、おおきにっ。
今頃になって、年賀状印刷に精を出しています。

桜庭一樹氏って、女性なんですか。
それなら、どうりで、と思います。
名前が、男性っぽいから。

その他、紛らわしいのは、伊集院静氏です。
静という名前で、男性で、、、。

私は男だけど「アン」も「エミリー」も好きです。
アンは、続編の面白さもありますが、特に面白いのは、
少女時代のアンが、一人で喋り続ける様な、極端なお喋り
だという点です。大人になったアンは、常識的になり、魅力が
下がりますが、その子供達は、やはり個性的で、魅力十分。
さっさと、ギルバートと仲直りをしておけば良かったのに。

エミリーが面白いのは、モノンゴメリという世界的作家の作品が、
どんな風に生み出されたのかを垣間見る事が出来る点です。
自然と言葉があふれてくるなんて、魅力ある作品を書く作家は、
文筆に対する才能が凄いですね。

私の読書の原点は受験です。
私くらいか、または、その上の年代の方は、似た体験をされている
と思います。文理を問わず、受験の科目負担は重く、医学系の様な
理系でも、国語は必須で、しかも、かなり突っ込んだ出題がされます。
国内の主要な作品は、常識的に、既に読んでいるものという前提です。
芥川、漱石、太宰、谷崎などは必須で、川端「雪国」などは必須中の
必須でしたが、この作品は、解釈が難しいですよね。

もっとも、小学生時代から、読書は好きでしたが、読書よりも、
野球やサッカーや自転車や模型飛行機などの方が好きでした。

今日は大晦日。
今年も、色々とお世話になりました。

良いお年を迎へ下さい。

| ヤキソバ | 2008/12/31 12:42 AM |

★ヤキソバさん★
「赤朽葉〜」も好きだけど、瑞々しさの分でこっちの方が好きかも。
女は基本的にこういうシチュエーションのお話は大好きなんですよ。
桜庭一樹さんは女性ですよね??
私の男で直木賞をとられるまでずっと男性だと思ってたので、
女性と知ってビックリしました。
ちなみに・・・角田光代さんの旦那さんの伊藤たかみさんもずっと女だと思ってました(汗)

モンゴメリ!!!!
アンもエミリーも大好きです。
アンとエミリー、若草物語、小公女・・・これらが私の読書の原点です。
最初の出会いはアニメだったのかもしれないけど、
大切に大切に読んで今でも手放せない本ですね。
どのヒロインも想像力と感受性が豊かで、憧れました。

でも、アンも好きだけどアンの資質をいちばん受け継いでいるアンの次男のウォルターも好き。
モンゴメリの作品はヒロインの生き生きとした輝きは勿論、プリンスエドワード島の魅力にも酔えます☆
| ともみ | 2008/12/30 2:26 AM |

ともみさん、おおきにっ。

この作品を、お気に入りの様ですね。
私には、思春期の女性の心理を描いたものというは、
どうもピンときませんでした。
これでも、著者は男性ですし。

女性の側から書かれたもので、面白いのは、
「グリーンゲイブルズのアン」「ニュームーンのエミリー」
です。特に、後者は抜群に面白いです。

エミリーはモンゴメリの分身です。
この世界的作家が、物語を書いた経緯が印象的です。

それは、
文章が身体の中からあふれてきて、書かずにはおれない、
という風に、物語が、自然発生しているのですね。

モーツァルト他の天才音楽家の作曲と通じるものがあります。

自然発生的に生まれた物語だから、魅力があります。
パソコンの前で、こねくりまわして作られた作品とは、
全然質が違いますね。

近年では、物語が自然発生する人として、
ジョン・アーヴィングに注目しています。
| ヤキソバ | 2008/12/23 2:18 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/539
トラックバック
豆うさ日記
茶うさぎ、黒うさぎの365日。
| 豆うさ日記 | 2008/12/28 12:55 AM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links