隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雷の季節の終わりに | main | あなたがここにいて欲しい >>
# 深川にゃんにゃん横丁
評価:
宇江佐 真理
新潮社
¥ 1,575
(2008-09)
コメント:町の人たちの優しさとかわいい猫ちゃん達の日常

JUGEMテーマ:小説全般
●深川にゃんにゃん横丁/宇江佐真理
●新潮社
●1575円
●評価 ☆☆☆☆
お江戸深川、長屋が並ぶ「にゃんにゃん横丁」は、その名の通り近所の猫の通り道。
のんびり暮らす猫たちを横目に、雇われ大家の徳兵衛は、今日も店子たちの世話に大忙し。
下町長屋の人々をあたたかく描き出す連作集。 




(感想)
かわいいタイトル
もー、手に取らずにはいられませんでした
時代モノは苦手だけど、宇江佐さんは「卵のふわふわ」がすごく良かったし、
また読んでみたいと思ってたのです。

必ず一匹や二匹の猫を見かける小路、「にゃんにゃん横丁」が舞台。
ここで暮らす人たちの人間模様を温かく描きます。
頼りになる大家さん・徳兵衛さん、口は悪いけど世話好きで人情に厚いおふよさん・・・みんなあったかい。
ちょっとうざいかもしれないけど、本当なら「ご近所」ってこうあるべき。
誰でも一人では生きていくことはできない。
誰かに支えられて、そして支えながら生きていることをしっかりと感じる。
胸を締め付けられるような悲しい展開もあり、
生きていくことの厳しさもかいま見せられます。

あくまで猫は主役じゃなくて、
ここに暮らす人たちのそばに寄り添っているだけなんだけど、
その微妙な距離感もいいんだよなぁ
猫ちゃん達、作品の重要なスパイスになってます。

人の温かさと猫ちゃん達ののんびりとマイペースな姿に読んでてほのぼの
自分じゃない誰か(何か)の存在って大きいものですね。
| comments(0) | trackbacks(1) | 12:06 | category:    宇江佐 真理 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/537
トラックバック
「深川にゃんにゃん横丁」【本】宇江佐真理
深川・寺町。 近所の猫の通り道になっている長屋横丁の住人たちと猫たちと。 宇江佐真理著「深川にゃんにゃん横丁」
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2010/01/04 9:58 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links