隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 人は、永遠に輝く星にはなれない | main | ロードムービー >>
# 彼女について

評価:
よしもと ばなな
文藝春秋
¥ 1,250
(2008-11-13)
コメント:今現在、私が選ぶ今年のナンバー1です☆
JUGEMテーマ:小説全般
●彼女について/よしもとばなな
●文藝春秋
●1260円
●評価 ☆☆☆☆☆ 
大人になってからは一度も会ったことのなかったいとこの昇一が突然訪ねてきた。
それは由美子がたまたま久しぶりに東京に戻っていた時で、
二人は失われた過去を探す旅に出る。
この世を柔らかくあたたかく包む魔法を描く書き下ろし長篇。



(感想)
今現在、今年のナンバー1です
大好きなよしもとばななの作品のなかでも、1位か2位くらいに好きになってしまいました。


ばななさんの世界観ってとっても独特なものだけど、
今回はちょっと違うんですよね。
今までのばななさんにはなかったような驚くような展開なのです。
いい意味で「らしくない」。
秘密がわかったあとの最後の数ページは涙がとまりませんでした

「愛情」に包まれているという安心感。
由美子はいとこの昇一と、そして亡くなったおば様の愛に包まれ、
心地よく数日間を過ごした。
その温かさと安らぎが読者にまで伝わってくるようで、
とっても幸せで気持ちのいい空気の中、読むことができました。

幸せって特別なものじゃなく、
当たり前の積み重ねによって得るものなのですね。
これに気づくと、一日一日を愛で、大切に生きようと思えます。
そして自分だけじゃなく、誰かの幸福をも祈って生きていこう。

世界を優しく温かい眼差しで見ていなければ、
こんな美しく心があったかくなる文章はきっと書けない。
ばななさんの作品はストーリーだけでなく、一文一文を味わうのが楽しく幸せなんです

この本の中で特に好きな文章をあげておきます。
「小さい女の子がシロツメグサで指輪を作っているみたいに、
私は今、ただかわいい気持ちで一日を作っている。そんな夢を見ることができた。」
| comments(4) | trackbacks(0) | 09:17 | category:    よしもとばなな |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:17 | category: - |
コメント
★ユキさん★
ぜひぜひいつでもお越しください♪

ばななさんの作品はどれを読んでも共通の揺るがないテーマがありますよね。
私はそれが心地良くて、読んでるような気がします(^_^)
| ともみ | 2009/03/09 11:57 AM |

そうだったんですか、弟さんを亡くされていたんですね。
よしもとばななの本は、切なさや痛みもありますが、それ以上に救いや温かみが感じられますよね。

私も身近に小説を読む友人がいないので、お言葉に甘えてどんどんコメントしていきたいと思います。
「またかよ」ってくらいに(笑)
| ユキ | 2009/03/09 12:40 AM |

★ユキさん★
はじめまして。コメントありがとうございます(^_^)
「彼女について」、これまでのばななさんの作品にはなかったようなラストでしたね。
実は私は昨年、弟を亡くして、
それ以来、死ぬってどういうことなのかとか、魂はどこへ行ってしまうのかとか、常にそんなことを漠然と考えているような状態です。
そんな私にこの本は救いとヒントを与えてくれたような気がして・・・。
今のこういう私だからこそ、この本を一位に選んだんだと思います。

またいつでもコメントしてくださいね〜。
身近に小説を読むような友達がいないので、
こういう場で本のことを語れることは私にとってすごく貴重なのです(笑)
| ともみ | 2009/03/09 12:08 AM |

こんにちは、初めまして。
アマゾンでよく「夢追い虫」さんをお見かけするな〜と思いちょっと気になり、ここに辿り着きました。
今さっき、よしもとばななの「彼女について」を読み終えたところです。
ともみさんにとっては2008年のベスト1ですよね。
ラストがちょっと驚きでした。
彼女の作品のさり気なく書かれてあるメッセージにいつも共感し、「いいなぁ」と思います。
「彼女について」では昇一が話す一貫性の話と、おばさんの話すふるまう力の話が心に残りました。
ともみさんには遠く及びませんが、私も読書が好きなので、たまにコメントさせてもらいますね。
それでは、また。
| ユキ | 2009/03/08 1:14 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/532
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links