隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東京島 | main | 人は、永遠に輝く星にはなれない >>
# 年下の男の子

評価:
五十嵐 貴久
実業之日本社
¥ 1,680
(2008-05-16)
コメント:夢のような、ドラマのようなお話です
JUGEMテーマ:恋愛小説
●年下の男の子/五十嵐貴久
●実業之日本社
●1680円
●評価 ☆☆☆☆
川村晶子、37歳。
マンションを購入してしまいました。
しかし契約翌日、仕事でとんでもないトラブルが発生し、
取引先の若い男の子と二人っきりで徹夜でトラブル処理することに・・・
でも、14歳も年下の初めて会った男の子なのに、なぜか話が合い、
知り合ううちに児島君から恋の告白までされちゃった
年齢差14歳のわたしと児島くんの恋はどうなるの




(感想)
軽くサクッと読めて面白かったです。
「パパとムスメの7日間」に然り、五十嵐さんってこういうのも書ける人ですよね。
ドラマ化しやすいストーリーだと思うなぁ。

37歳の晶子と23歳の児島君のラブストーリー
晶子は中堅クラスの飲料メーカに勤めている独身のOL。
独身の女がマンションを購入するということは、何かを諦めたことを認めたことになるようだけど、
晶子に関してはそこまでの強い決意があったわけではなく、
偶然、モデルルームの前を通りかかり、見学してしまったのをきっかけに
なんとなくそうなってしまった、みたいなカンジ・・・。

23歳の児島君にアプローチされて、
はじめは冗談としか取れなかった晶子さんの気持ち、わかるなぁ。
晶子さんに相談された友達が、「・・・ない」と即答しちゃったのもわかる。
33歳の私から見ても・・・ないもん。

「ないない、14歳下なんて絶対ない」と思ってた私でも、
晶子が秋山部長の方へ行っちゃいそうになった時は「いやー、ダメー」と思ってしまった。
ムリと思いつつも、いつの間にか児島君との恋を応援してる私がいました

児島君、契約社員だし、
イマドキの若者っぽいところが最初はちょっと受け付けない気がしたんだけど、
読み進めるほどになーんかいい男に思えてくるんですよね。
フッちゃうには惜しいような・・・笑。
ないと思いながらも、戸惑って悩む晶子さんの心が揺れも理解できるー。

けど、なぜここまで晶子がいいのかしっかりと書かれてないのは、
イマドキの男の子の心理ゆえなんでしょうか?

恋のライバルはあっさりと身を引いちゃうような弱腰さんで、
二人の間にある障害は「年齢差」だけっていうのが小説としては単純すぎたけど、
まぁ、軽い気持ちでちょっと読む分には問題ないかな。

これを男性が書いたというのは意外。
女性が主人公の作品を男性が書くと、
女性独特の微妙な心理など「ちょっと違うんじゃない?」と思うことがあるんだけど、
今回はまったくそんな風には感じず、自然と読めました
| comments(2) | trackbacks(0) | 12:45 | category:    五十嵐貴久 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:45 | category: - |
コメント
★ヤキソバさん★
恋愛ドラマを観るような気軽さで読む本なので、買うとなると高く感じますね(^_^;)
この本は30代の女性の心理が男性作家とは思えないほど自然に描かれてました。
37歳といえども、そんなに焦ったり諦めたりしてないんですよ。
ただ自分の置かれてる現状でそれなりに生きているというか・・・。
そのへんの流されてる感じをリアルに感じました。
| ともみ | 2008/11/25 4:03 PM |

ともみさん、おおきにっ。
今日は、久しぶりの、仕事休日です。

休日は、本ばかり読んでいます。
バイクで出かけるにも、この季節は寒いし。

私は、国内ものの新刊で、軽〜い読み物を物色しています。
この物語は、軽妙で面白そうですが、少々高いですね。

本書は、アマゾンカートの「今は買わない」に入れておいて、
今読んでいるものが、一段落して、気が向いたら買うつもりです。

私は、作品が、男性向け女性向けという事にはこだわりませんが、
やはり、著者が男性か女性かという事は、気になりますよね。

北村薫氏の作品などは、作品からは、作者が男性とは思えないです。
五十嵐氏の作品も同様で、男がこんな事を書くかな?と思ってしまいます。

特別に男っぽいと感じるのが、川端康成の作品群です。
男のエロっぽい願望がにじみ出ています。

しかし、最近の文壇は、女性優勢ですね。
| ヤキソバ | 2008/11/25 1:53 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/530
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links