隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さよなら渓谷 | main | 窓の魚 >>
# 神の狩人 2031探偵物語
神の狩人 2031探偵物語
神の狩人 2031探偵物語
柴田 よしき
JUGEMテーマ:小説全般

神の狩人 2031探偵物語/柴田よしき
文藝春秋
1450円
評価 ☆☆☆
舞台は2031年、人々を自殺へと誘う謎の集団がうごめく東京。
神の悪意に抗うダーク・ヒロイン、女探偵サラのもとに舞いこんだ依頼は
何年も前に生き別れたある女性の姉の捜索。
だが、親戚や周囲の誰もがいなかったものとして口を閉ざす。
果して本当に姉は存在したのか・・・。



(感想)
2031年、今からちょっとだけ未来のお話。
あとがきで著者自身も「この世界の続きは書き続けていく」と言っているし、
この作品のすべてがこれから始まる物語のプロローグのようなかんじです。
2031年の東京にはびこる問題と、
探偵という職業上、たまたま事件にかかわったように思われる主人公・サラが
実は人類を救う光となるような運命を背負っている・・・。
本作ではそこまでを描いているだけで、
この物語そのものに明確なラストはなく、全貌も見えてきません。

アメリカの同時多発テロが作品の大きなキーワードで、
ここから世界は変わり始めるという設定なので、
私たちがまるっきり想像もできないような未来の話っていうわけでもない。
今でいう携帯電話的な役割を果たすものがが「トークカード」になっていたり、
技術は多少進歩しているように描かれているけど、
老人問題・自殺の増加など国として抱える問題は今とさほど変わらない。
未来の話だけど案外、すんなりと受け入れられます。

連続して起こった自殺事件のすべてに
かかわっていると思われる女性・井瀬崎香織とサラの戦いなど
今度の展開が楽しみな一方、
サラにもう少し魅力があればな・・・とも思う。
出版社の本の紹介にならって「ダークヒロイン」と書いてはみたものの
サラってそれほど読者をひきつけるキャラクターじゃない。
色っぽくあるべきシーンもあんまりドキッとしないし、
もっと人物をしっかりと練りこんで欲しかった。

ま、とにかくこれから出してくれるであろう続編を読まないことには
この一冊では評価しきれない。
とりあえずの☆3つで、あえてきちんと評価はしません。
| comments(0) | trackbacks(1) | 10:56 | category:    柴田よしき |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:56 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/488
トラックバック
神の狩人<柴田よしき>−本:2010-3−
神の狩人 2031探偵物語クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2008/6/25) # ISBN-10: 4163270302 評価:79点 2031年の東京が舞台。 2010年の現在から予測できるであろう、老人問題や人口減少、自殺やドラッグなどの闇の部分が舞台設定として描かれているがそう違和感は
| デコ親父はいつも減量中 | 2010/01/04 10:03 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links