隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 福袋 | main | 神の狩人 2031探偵物語 >>
# さよなら渓谷
さよなら渓谷
さよなら渓谷
吉田 修一
JUGEMテーマ:小説全般

さよなら渓谷/吉田修一
新潮社
1470円
評価 ☆☆☆☆
きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。
その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。
取材に訪れた記者が探り当てた15年前の"ある事件"。
長い歳月を経て、"被害者"と"加害者"を結びつけた残酷すぎる真実とは――。



(感想)
舞台となるのは老朽化した平屋家屋の並ぶ市営団地。
母子家庭で幼児殺人事件が起こり、母親が逮捕。
ある記者が事件の真相を調べていくうちに、
事件のあった家の隣りに住む夫婦のとんでもない秘密が浮かび上がる・・・というストーリー。

はじめに起こった殺人事件といい、
隣人夫婦の過去の事件といい、
誰もが実際に世間を騒がせた事件を連想してしまいそうなほど酷使していて、
その二つの事件を予想外の形で重ね合わせています。

彼女の場合、犯罪被害者であっても同情されるのではなく、
汚いものを見るように見られてしまう。
誰かと知り合い、恋をするたびに自分が犯罪被害者であることが
いつか知られてしまうのではないかとおびえて暮らす。
誰かと寄り添って生きていくのは幸福だと思ってきたけれど、
そうすることでどんどん不幸になっていく人もいるんだ。
不幸な人ほど幸せになれそうな予感があるのにそうはせず、
むしろ幸せのチャンスを自ら望んで切り捨ててしまう。
そんな生き方しかできなくなってしまった悲しさが切ない。

本をたくさん読んでいると「幸せ」について考える機会も多くなる。
誰もが思い描くような幸せの形。
けど、それがすべての人の「幸せ」とは限らない。
二人の幸せはどこにあるのだろう・・・。
最後に渡辺が尾崎にある質問をする。
彼がどう答えるのか、
そして、もし私が彼だったらどう答えるか・・・私にはその答えがまったくわからない。

テーマが重く、読みごたえもあるのに短くまとめちゃったようなのが残念汗
もっとずっしり重たい長編にしてもよかったのに・・・。



| comments(4) | trackbacks(4) | 09:16 | category:    吉田修一 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:16 | category: - |
コメント
★じゅずじさん★
性犯罪の被害者は被害者のはずなのに、
周囲から冷たい視線を投げかけられてしまうことが多い。
どうしてそうなっちゃうんでだろう・・・。
これが償いになるのかはわからないけど、
二人とも悲しい生き方をしていますよね。
| ともみ | 2008/08/16 1:43 AM |

こんにちは。
被害者と加害者、罪はつぐなえば終わりじゃない。その意味では斬新な切り口だったと思います。
でも、なんとかならんもんでしょうかね?
悲しすぎます。

コメント、TBありがとうございました。
| じゅずじ | 2008/08/09 5:14 PM |

★藍色さん★
過去に縛られて、幸せになることを恐れている彼女・・・。
彼女の選んだ人生があまりにも暗すぎて、理解に苦しみます。
悲しい作品でしたね。
| ともみ | 2008/07/31 10:15 AM |

こんばんは。
もがいても、苦しんでも、どうにも拭いきれないついて来る過去。
彼女の苦しみが、心に重くのしかかるみたいでした。
幸せについて考えさせられましたね。
| 藍色 | 2008/07/30 1:29 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/487
トラックバック
「さよなら渓谷」
「さよなら渓谷」 吉田修一:著 新潮社/2008.6/1470円 きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。 その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱える とてつもない秘密を暴き出す。 取材に訪れた記者が探り当てた、15年前の“ある事件”。 長
| 月灯りの舞 | 2011/01/03 12:55 PM |
【さよなら渓谷】 吉田修一 著
「悪人」に続けて、またまた難しいモノを書きなさる… どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない……。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 きっかけは隣家で起こった幼
| じゅずじの旦那 | 2008/08/08 10:07 AM |
吉田修一の「さよなら渓谷」を読む!
どこまでも不幸になるためだけに、私たちは一緒にいなくちゃいけない……。 きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が、どこにでもいそうな若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた、 15年前の"ある事件"。
| とんとん・にっき | 2008/08/04 12:53 PM |
さよなら渓谷 吉田修一
さよなら渓谷(2008/06)吉田 修一商品詳細を見る 装幀は新潮社装幀室。ネタバレありです。 警察は幼児殺人事件で幼児の母親、立花里美を逮捕しま...
| 粋な提案 | 2008/07/30 1:29 AM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links