隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鼓笛隊の襲来 | main | ブランケット・キャッツ >>
# 乳と卵
乳と卵
乳と卵
川上 未映子
乳と卵/川上 未映子
文藝春秋
1200円
評価 ☆☆☆
JUGEMテーマ:小説全般
姉の巻子とその娘・緑子が上京してきた。
その目的は巻子が豊胸手術を受けるためだという。
豊胸で頭がいっぱいな巻子。
そして、まったく言葉を話そうとしない緑子。
3人で過ごした痛快な3日間を描く。




(感想)
芥川賞受賞作の表題作を含む全2作。

「ああ、いかにも芥川賞選考委員が好きそうな作品だ」
、というのがまずは感想。

もう今や若手作家に使い古された(パクられた?)感のある
句読点の少ない文章とテンポには今更新鮮味は感じないけど、
この人の言葉選びのセンスは結構好きかも猫2

表題作ももう一編の「あなたたちの恋愛は瀕死」も、
女として生きることの生き苦しさを感じさせる。
母であること、娘であること、姉であること、妹であること。
そして女であること・・・。
豊胸・初潮・メイク・・・などのキーワードから
女らしくあることに対する恐怖、嫌悪、
逆に女らしくなりたい願望までも描き出しています。
描き方はややこしいんだけど、
特に「乳と卵」の方は言いたいことはものすごーくシンプルな作品です。

「あななたちの恋愛は瀕死」は
文学なのか、哲学なのか、モード系っぽさなのか、
とにかく何かを狙ってるっぽい空気がプンプンして作為的。

でも「乳と卵」のクライマックスの卵のシーンは迫力あったな。
卵を割るたびにこの場面を思い出しそうで、
ちょっとしたトラウマたらーっ
ちょっと鼻につく点もある作家なんだけど、
こんなインパクトのあるシーンを描ける新人ってやっぱり凄いのかもしれない
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:53 | category:    川上未映子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/466
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links