隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 吉原手引草 | main | 2007年に読んだ本・ベスト10 >>
# グラデーション
グラデーション
グラデーション
永井 するみ
JUGEMテーマ:読書

グラデーション/永井するみ
光文社
1680円
評価 ☆☆☆☆
一つ一つ、迷ったらいい。
歩き続けていれば、日々は色濃くなってゆくものだからニコニコ
14歳、16歳、17歳、18歳、19歳、20歳、22歳、23歳・・・。
ある女の子の進学や恋愛、就職の悩み……
誰にでも訪れる当たり前のような出来事を自分らしく受け止め、
大人の入り口に立つまでを丁寧に辿る、心地よい成長小説。



(感想)
主人公の真紀は地味で平凡な女の子。
クラスメイトの女の子達がきゃあきゃあ盛り上がる
男の子の話題やゴシップめいた噂話は苦手。
そんな自分がひどくお堅い、
陰気な人間のような気がしてひそかに自己嫌悪に陥る・・・そんな子。
おおよそ主人公には向いてないタイプの真紀ですが、
私には強く共感できる部分が多く、愛すべき主人公でした(笑)

真紀のような子を見てくれている男の子がちゃんといること、
真紀の良さをすぐに見抜いてくれる同級生がいることを嬉しく感じ、
なんだか私自身が真紀になったかのように
すごくリアルに感情移入できたんですよね猫2

中学・高校・大学で真紀と仲良くなる女の子たちにも
それぞれに愛すべき点があって、
いつしか彼女たちのことも大好きになってました。
彼女たちとの関係、母や姉との関係・・・
女性なら必ずどこかで懐かしさを感じ取るアンテナが反応しちゃうはず。
女性向けの作品といえるのかな。

クラスの気の合わない女の子たちとの付き合いがうっとおしいとか、
友達に彼氏ができたことにプレッシャーを感じたりとか、
10代のころはそんなことが大きな大きな悩みだった。
そんな時代を懐かしく思い出してしまいました。

どの章もスパッと完結しているわけでなく、
どこか尻切れで物足りなさを感じてしまうように唐突に締めくくられます。
でも、読了した今になって思うと、
その作為的な書き方はとても意味のあることに思える。
真紀の人生は文章に描かれてない部分でも存在していて、
ここに描かれているのは
彼女の人生のほんと些細なエピソードにすぎないと感じさせるのに効果的。
より強く、彼女をリアルに感じさせます。

真紀は高校で美術アートの楽しさに触れ、
その方面の学校へ進むことになるのですが、
そうでなくてもこの「グラデーション」ってタイトルはいいなぁポッ
迷い、傷つきながらも、
どんどん自分という色を濃くしていく・・・だから「グラデーション」。
少しづつ自分色に色づいていく等身大の主人公が瑞々しい。
大きなドラマはないけど、
自分の近くにもいそうな誰かの青春をのぞき見るような心地よい作品でした。
| comments(4) | trackbacks(1) | 11:26 | category:    永井するみ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:26 | category: - |
コメント
ナカさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

永井するみさんの本は何冊か読んでますが、
「グラデーション」がいちばん印象深いです。
もう6年前に読んだ本だけど、
いまだに瑞々しい作品だったという記憶がはっきりしているし、
どうして当時4つ☆しか付けなかったのかが信じられないくらいです。
永井さんがお亡くなりになり、もう新作は読めませんが
まだまだ読んでいない作品もいっぱいあるので
少しずつ読んでいこうと思います。

| ともみ | 2013/06/30 6:23 PM |

はじめまして。

先日図書館で「グラデーション」を借りて読みました。
永井さんの著書を手に取ったのは今回が初めてだったのですが、
とても素晴らしい作品でした。

永井さんのことを調べてこちらにたどり着きました。
管理人様のご感想を参考にさせて頂いて、
色々読んでみたいなあと思い、コメントさせて頂きました。
| ナカ | 2013/06/27 1:11 AM |

★藍色さん★
はじめまして。
個人的な事情でここ2週間ほど
ネットに接続していなかったので
お返事がこんなに遅れてしまいごめんなさい。
こういう等身大の女の子のお話って
いいですよね。
自分や自分のまわりの人の様子を見ているようで(^_^)

ぜひ、藍色さんのところにも遊びに行きますね♪
| ともみ | 2008/01/23 1:45 PM |

はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
どこにでもいそうな普通の女性の気持ちが細やかに書かれていましたね。
あたたかい気持ちになりました。

トラックバックやコメントなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2008/01/09 3:52 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/435
トラックバック
グラデ−ション 永井するみ
装画は、順子。装幀は池田進吾(67)。初出「小説宝石」。 主人公、桂真紀が十四歳から二十三歳までの間に体験した出来事、気持ちのあれこれを丁寧に辿っていく物語。目立たず地味で真面目、人見知りで言葉に詰まり気味。母親
| 粋な提案 | 2008/01/09 3:48 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links