隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 四畳半神話大系 | main | 鴨川ホルモー >>
# いっぺんさん
いっぺんさん (いっぺんさん)
いっぺんさん (いっぺんさん)
朱川 湊人
いっぺんさん/朱川 湊人
実業之日本社
1680円
評価 ☆☆☆☆☆
一度ならばどんな願いでも必ず叶えてくれる神様「いっぺんさん」。
私としーちゃんはその神様を探すために自転車自転車で旅に出た。
その後、しーちゃんにふりかかった悲しい出来事・・・
そして私たち二人が神様にお願いした願い事とは・・・?
朱川湊人が本領発揮するノスタルジーと恐怖が融合した短編集。



(感想)
朱川湊人さんの本領発揮のノスタルジックホラー短編集。

強烈ではないんだけど、ジワジワゾクゾクくるような恐怖感が襲います。
子供の視点で描いたものが多いのですが、その恐怖は秀逸!
子供ならではの純粋な思いが込められ、心にじんわりと温かいものが残る一方、
彼らの幼さと想像性を存分に生かし、
私たちにも覚えのある、幼き日の恐怖感や冒険心に訴えてきます。

中でも表題作の「いっぺんさん」は出来過ぎな感はありつつも
気持ちのいい作品だし、
「山からくるもの」のラストは思わず鳥肌っ汗
「逆井水」のオチはわかってるのに笑えた楽しい

胸があたたかくなるようなものもあれば、
ゾーッとするような冷たいものが残るようなものもあり・・・
短いけどどれもすごく読み応えがありました。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
花まんま/朱川湊人
| comments(4) | trackbacks(1) | 11:03 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:03 | category: - |
コメント
★きつねさん★
あっ、初朱川体験でしたか!
私は「水銀虫」系よりは
「花まんま」みたいなタイプの作品が好みです。
ホラーなのにじんわりくるいい話なんですよねぇ。

| ともみ | 2007/11/26 11:58 AM |

ともみさん、こんばんは。
朱川さんの作品は初めて読みました。
ものすごく感動させられるものと、物足りなさを感じるものと二分されましたが、気になる作家が一人増えてしまった感じです。
次は「花まんま」にしようか、私の好みそうな「水銀虫」にしようか悩むところです。
| きつね | 2007/11/24 10:12 PM |

★きつねさん★
ホラーというほど怖くはないけど、
朱川さんらしい本でしたよ〜。
私がこの人にはこういうのを書いてほしいと思っている雰囲気ドンピシャでした(*^_^*)
| ともみ | 2007/10/02 12:19 PM |

この本、本屋で見かけて朱川さんだし表紙が可愛いしで気になってたのですが、ホラーだったとはビックリ!
図書館で予約を入れる事にします。
| きつね | 2007/09/28 12:09 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
いっぺんさん 朱川湊人
『花まんま』で直木賞を受賞し、ノスタルジックホラーの旗手として多くのファンを魅了
| きつねの感想日記 | 2007/11/24 9:50 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links