隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 百年の恋 | main | 駅前食堂―ぶらり東北、各駅停車の旅 >>
# 愛をください
愛をください
愛をください
辻 仁成
愛をください/辻仁成
マガジンハウス
1575円
評価 ☆☆☆☆☆
養護施設で成長し、自殺未遂を繰り返す十八歳の李理香の許に届いた一通の手紙メール
自らも同じ境遇だと明かす、
手紙の主・基次郎の素直な文面に李理香も心を開くようになるが、
意外な運命が二人を待ち受ける。
往復書簡が織り成す、至純な愛の物語ぴかぴか

(感想)
ぶっちゃけ私のいちばん好きな本です。

カバーが付いていることにより、余計「特別感」が増す、素敵な素敵な本。

李理香と基次郎の往復書簡だけで構成される本書。
基次郎は優しくしっかりと李理香に「生きること」を教えていく。
ふたりの手紙はいつしかまるで私自身に宛てられた手紙のように
私の心に侵食して、涙ポロリがとまりませんでした。

「生きること」「愛すること」「愛されること」
人生において最も意味を持つこの3点、
それに真剣にむき合わせてくれる本でした。

何年か前に菅野美穂さん主演のドラマ版テレビが放映されていましたが、
あれに比べるとこちらはかなりシンプル。
ドラマ版のように、李理香が歌手デビュー音楽したりなんてことはなく、
ドラマ版の無駄をすっきりとそぎ落としたかのようにまとまっています。

●この本が好きな人におすすめなのは・・・
錦繍/宮本輝
いつか、僕らの途中で/柴田友香
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:41 | category:    辻仁成 |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:41 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/38
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links