隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< はじめての文学  浅田次郎 | main | ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 >>
# 神田川デイズ
神田川デイズ
神田川デイズ
豊島 ミホ
神田川デイズ/豊島ミホ
角川書店
1470円
評価 ☆☆☆☆
かっこ悪くていたたまれなくて、
アホみたいなうプライドとツユダクの自意識に潰れそうな日もあるけど、
ちょっぴり愛しい上京ボーイズ&ガールズのキャンパスライフ。
ついにきた!
豊島ミホ、ど真ん中の青春小説ラッキー



(感想)
もともと好きな作家だけど、
「この本読書絶対欲しい〜てれちゃう」と思ったのは
NHKテレビの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、
装丁家・鈴木成一さんの仕事として取り上げてられていたから。

番組でこの装丁への思い入れと裏話を知り、書店へ走ったわけだけど
実物の装丁はテレビで見るよりずーっとかっこ良かった!!
普通、本って下の部分に「帯」が付いているけれど、この本に帯がないびっくり
通常、帯に書かれていうような事柄が既に表紙に印刷されてあるんですね!!
さりげなく斬新!
さすがあの番組で取り上げられるだけあるな〜と納得したのでした。

東京のある大学学校を舞台に、
そこの学生である若者たちのさえない青春を綴る連作短編集です。

彼らに共通するのは「大学生活を謳歌してない」こと。
自分が地味で目立たないヤツだって気づいてる。
そのことに劣等感を持ってる。
かっこいいこと、イケてることがすべてかのような大学生活の中で、
彼らは各々の手段で学生生活を楽しいものにしようと立ち上がろうとする。
でも、やっぱそんな奴らだからその手段も微妙にずれていて、
その外れっぷりが豊島ミホらしい地味さで笑いを誘います。

各章の主人公は男もいれば女もいて、学年もバラバラ。
でも、豊島さんのエッセイやブログを読んだことのある人ならきっと感じると思うんだけど、
みんなどことなく「豊島ミホの分身」みたい(笑)

「いつも“ほどほど”のところで我慢してた」とか、
ささいな心理の描写が私みたいな女にはチクチク痛いあせあせ

このテの若者を書かせたら豊島ミホの右に出るものナシッウィンク
ジミな自分に劣等感を持ってる諸君、この本で一緒に笑いましょうおはな



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
底辺女子校生/豊島ミホ
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:49 | category:    豊島ミホ |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:49 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/377
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links