隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 超魔球スッポぬけ! | main | はじめての文学  浅田次郎 >>
# 再婚生活
再婚生活
再婚生活
山本 文緒
再婚生活/山本文緒
角川書店
1470円
評価 ☆☆☆☆
仕事で賞王冠2をもらい、
山手線の円の中にマンションビルを買い、再婚までした。
恵まれすぎだと人は言う。
人にはそう見えるんだろうな、実際そうだしな。
でも私は鬱病になった。
夫婦という葛藤、涙する心と孤独の病・鬱。
やがて病んだ心はゆるやかに再生し、夫婦は家族になっていく。
山本文緒、3年の沈黙を破る告白日記。



(感想)
大好きな作家、山本文緒さんが
病気で苦しんでおられるというウワサは聞いていました。
だから、この本の発売を聞いた時は涙がこぼれる思いでした。

元気に過ごしていると思いきや、
次の日には薬に頼り、何時間も何時間も眠ってしまうアンバランスな日々。

王子(山本さんはご主人をこう呼びます)と一緒にいたい。
でも、自分の生活が王子に侵食されるのが怖い。
王子に非がないことはわかっているから、
こんな風に感じてしまう自分を責めてしまう。
楽しい時間を過ごしても、すぐ疲れてしまい、
遊びに出られない自分に罪悪感を感じる。
もう、心の奥底の感受性まで疲れ切り、
日々のささいな「嬉しい」をキャッチできるアンテナさえ壊えてしまっている。

なのに、それでも身を削るように日記を書く山本さん。
読むのがつらく、「山本さん、もう書かなくてもいいよ」と思うほど痛々しい。
読んでいたのは日中だというのに、
なぜか私まで布団の中で縮こまった姿勢でしか読むことができませんでした。

長く辛い病気との闘いを描いていながらも本のタイトルは「再婚生活」。
「うつ病生活」とかじゃないところに、
この本の本当のテーマが秘められています。
大きな困難の中で山本さんと王子が
別居夫婦という形から「家族」へと変化していくステップに病気があったように感じます。

この本に特にかしこまった締めはありません。
あとがきもありません。
2人の戦いはまだきっと続いている。
2人の生活が穏やかで幸福であることを、
そして2人がもっともっと「家族」になっていくことを望まずにはいられません。

山本さん、おかえなさい
そしてこれからものんびり待っていますウィンク
| comments(4) | trackbacks(0) | 14:20 | category:    山本文緒 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:20 | category: - |
コメント
★ばんびさん
私も大好きー。
はじめて読んだとき、もうすごいっ!と思って、
次の日、ブックオフで山本さんの本を10冊くらいまとめて買ったんです。
そんな買い方したのはじめて。
そのくらい私にとって特別な作家なんですよね〜。
だからこそはやく小説も書いてほしい。
でもでも心の重荷になるような無理はしてほしくない・・・。
複雑な気持ちです。
| ともみ | 2007/06/14 10:43 AM |

山本文緒さん大好きなのに知らなかった・・・。ショック!
彼女の本はもう愛しちゃってます。心底彼女の書き方が好き。 
日常が非日常的な視的から書かれる時とか、登場人物のわかりにく心理の変化をなにげなくするどく描写しちゃうところとか・・・。(←うまく表現できないワタシ)
早速ワタシも買わなくちゃ。 あ〜、またともみさんに助けられた〜。(笑)
| ばんび | 2007/06/13 10:39 AM |

★みゃおさん
はじめまして♪
コメントありがとうございます。
このブログを見て、本に興味を持ってもらえるのは
ブロガー冥利につきます。

つらい内容だったけど、
山本さんの本が出たという事実はファンには嬉しいものでした。
| ともみ | 2007/06/13 8:39 AM |

はじめまして!
トラックバックさせていただこうとしたら、うまくできませんでした…。
今日本屋に寄って見ていこうと思います!
| みゃお | 2007/06/12 5:04 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/376
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links