隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 月島慕情 | main | 県庁の星 >>
# 朝日のようにさわやかに
朝日のようにさわやかに
朝日のようにさわやかに
恩田 陸
朝日のようにさわやかに/恩田陸
新潮社
1470円
評価 ☆☆☆
怖い話、冴えた謎解きの話、じんわり感動する話、
全てのリクエストに応えます!
恩田陸が持つあらゆる魅力がたっぷり詰まった、物語の万華鏡。
この一冊で恩田陸の作品世界が一周できるぴかぴか
入門書としても最適の短編集。



(感想)
恩田作品ではおなじみのあの学園の面々が登場するお話もあれば、
ホラーあり(しかもスプラッターホラーのようなモノまで冷や汗)、
ショートショートありのいろんなものが詰め込まれた作品集でした。
さまざまなタイプの「恐怖」にゾクゾクしつつも楽しめます。

中でも一番好きなのは「冷凍みかん」。
タイトルのユルユル感とはうらはらにスケールが大きく、
想像力を激しく刺激される意欲作。

「水晶の夜、翡翠の朝」にはあの学園が登場し、
またもやヨハン君の頭の良さと美しさ、そして怖さを堪能できる。
このシリーズが大好きな私はこれを読めただけでも満足ですニコニコ

「卒業」は短すぎて、状況が把握できぬ間に終わってしまうけど、
そのほんの一瞬の恐怖だけを切り取って作品にしちゃうってのもありなのかもムード
私が短編を嫌いな理由は
「世界観を堪能する前に終わってしまう短さ」だったんだけど、
瞬間だけを楽しむことが文学でも成立するのだと、この本で知りました猫2
これは今後、短編やショートショートを楽しむ上では大きな収穫です☆


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
麦の海に沈む果実/恩田陸
青に捧げる悪夢/恩田陸ほか
JUGEMテーマ:読書
| comments(2) | trackbacks(3) | 10:34 | category:    恩田陸 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:34 | category: - |
コメント
★きつねさん★
この中でなら断然「冷凍みかん」ですよね!!

今日、きつねさんのブログへのTBに再チャレンジしました。
不思議なことに、
「有頂天家族」「朝日のように〜」は送信できたのですが、
「この人と結婚〜」だけは以前と同じようなエラーメッセージがでて失敗。
なんの違いがあったんだろう。
深まる謎・・・。
| ともみ | 2007/10/29 12:21 PM |

どの作品も面白かったですが、やっぱり「冷凍みかん」ですね!
静かな恐怖がにじみ出る感じの作品集なのに「朝日のようにさわやかに」って題名なのが、なんともまたgoodに思えました。

私のブログの設定をちょっと変えてみたのですが、TB反映されるでしょうか?
| きつね | 2007/10/27 10:36 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/361
トラックバック
朝日のようにさわやかに<恩田陸>−(本:2007年132冊目)−
朝日のようにさわやかに 出版社: 新潮社 (2007/03) ISBN-10: 4103971088 評価:70点 表題作を含む、14作品からなる短編集。 極めて個人的な感想を結論から言うと、恩田陸はやっぱり長編のほうが面白いなということだろうか。 この短編集自体が、5年ぶりの短
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/11/09 1:01 AM |
朝日のようにさわやかに 恩田陸
「図書館の海」から5年、恩田陸さんの久しぶりの短編集。短編だけではなく、ショート
| きつねの感想日記 | 2007/10/27 10:24 PM |
冷凍みかん
冷凍みかん
| 冷凍みかん | 2007/06/12 6:57 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links