隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 海の底 | main | 朝日のようにさわやかに >>
# 月島慕情
月島慕情
月島慕情
浅田 次郎
月島慕情/浅田次郎
文藝春秋
1500円
評価 ☆☆☆
三十を過ぎた吉原の女郎・ミノにふってわいた“幸運”。
しんそこ惚れていた客が自分を身請けしてくれることになり、
やっと幸福をつかみかけたのもつかの間、
その幸福の影で不幸になる人がいると知ったミノは・・・。
自分にふさわしい幸せを見つけた彼女の人生の選択とは? 
“感動無限大”短篇集。



(感想)
浅田次郎さんお得意の「ちょっと泣けるポロリいい話」を集めた短編集です。
どのお話もジーンとした余韻を残します。

なかでも表題作の「月島慕情」には熱いものが込み上げてきました。
誰かが幸福になるということは、
その影で涙し、悲しい思いをしている人が必ずいるということ。
その時に人として自分の幸福を選ぶのか、他人の幸福を選ぶのか・・
ここでどちらを選べるのかに人間の資質が見えます。

幸福と不幸は常に背中あわせ。
その罪滅ぼしは、自分の幸福の影で涙した人の分も幸福になることでしか
果たせないのかもしれない(きれいごとかもしれないけどたらーっ

「めぐりあい」で主人公と一緒になることができなかった男性の誠意なんか
まさにそれでしょ。

「あたし、あんたのおかげで、やっとこさ人間になれたよ」という
ミノの言葉の深みに泣けました。
| comments(6) | trackbacks(2) | 11:01 | category:    浅田次郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:01 | category: - |
コメント
★ヤキソバさん
この場合、男の真剣度を読者がどうとらえるかで意見が違ってくるのかな。
ヤキソバさんのコメントの中に「女遊び」という言葉を見た時、
私はこの二人の出会いがもともとそういう場だったことを思い出しました。
ワタシとしては主人公に本気で惚れた男がキチンと誠意を見せてくれたと解釈していました。
家族を捨てるような形になったのも
自分の気持に正直になった男の誠意だと・・・。
だって気持ちは完全に離れてるんだから、このまま自分の気持ちをだまして家族を暮らすことも家族への裏切りですから。

自分一人で本を読み、
自分なりの解釈をするだけではここまで考えることはできませんでした。
こうして自分の感想を発表するって
発見にもつながるんですね(*^_^*)
| ともみ | 2007/05/21 11:33 AM |

ともみさん、おおきにおおきにご苦労さん。

感じ方はそれぞれですね。
私は、家族を新潟に追いやってまで、女遊びを繰り返す男に、憤りを感じました。
しかし、考えてみると、確かに主人公がどんな振る舞いをしても、元のサヤに収まるのは無理。
冷静に考えるとそうなのですが、ともみさんの意見で、なるほどと思いました。

普通は、この主人公の様な行動はとれないでしょうね。
ズルズルと流されてしまうのが普通でしょう。

ジャンルを限定しない小説雑誌のメジャーはオール、宝石、新潮、すばる、現代です。
これらは月刊誌ですが、値段は800円以上で、少々高く感じますが、モトは十分に取れます。
オールとすばるは特徴が無いのが特徴、宝石は最も充実、新潮は純文学指向あり、現代は大衆的です。

その他、ミステリー専門、SF専門など、分野限定雑誌は多数ありまっす。
| ヤキソバ | 2007/05/19 12:16 AM |

★ヤキソバさん
この男をひどいと思いますか?
私は自分の気持ちに正直な人だと思い、ひどいとはまったく思いません。
真実を知ってしまった時、
この主人公のような選択はなかなかできないものです。
自分が身を引いたところで、
この家族が元の状態に戻れるとは限らないわけだし。
でも、彼女がこの選択をしたことで初めて自分が「人間になれた」と感じられたこのすがすがしさ!
これは美しかったなぁ〜。

小説の雑誌って、
連休中の電車の中で、旅の途中の男性が読んでいるというイメージがあります。
好きな作家の新作にいち早く触れられるという点ではいいですよね。
今度、マメにチェックしてみようかな。


| ともみ | 2007/05/18 1:56 AM |

ともみさん、おおきにおおきにご苦労さん。

現在執筆中の著者の長編は「中原の虹」という、中国を舞台としたものです。
前回の大作「蒼穹の昴」もやはり、中国を舞台にした大河的作品でした。
大変感動的なものでしたが、これら二作品が、著者の代表作になるのでしょう。
映画化またはドラマ化を狙っているのかも知れません。

反して、短編集である本書には、飾り気の無い感動がありますね。
多くの作品では、主人公は、人生を少し斜めに構えています。
むしろ、こんなところに真実がある様に思います。

どの作品もオール読物誌上に掲載されたものなので、私は既に読んだ事があります。
オール読物と小説宝石はだいたい読んでいますので。
その他、現代、新潮、すばるを時々読みます。

既に読んでいたものの、読み終わるまで、全容を思い出せませんでした。
たいていは、2年くらい前に掲載されたものですから。
表題作のみ、別冊文藝春秋に掲載され、知りませんでした。

表題作は哀しいですね。
こんな形で子供が売られる事から、既に哀しいです。
この男もひどいです。

自分に正直だった主人公に拍手です。
| ヤキソバ | 2007/05/17 11:45 PM |

★ヤキソバさん
楽天はIDを取得しなくてもブログを立ち上げられるんですね〜。
せっかくブログを立ち上げたばかりだったのに大変でしたね・・・。

私もGW旅行中に読んだ本の感想がたまっていて大変です!
気軽に読めるエッセイ本ばかり持って行き、
旅先でも購入してしまったので、
ここに感想を書かなければならない読了本がたくさん待機してます・・・。

小説雑誌ってどうなんですか?
私も断片的に読んでも面白くないんじゃないのかなーと気がして
読んでみたことがないのですが。
| ともみ | 2007/05/11 11:12 AM |

ともみさん、おおきにおおきにご苦労さん。
この本をアマゾンで購入しまして、本日届きました。
これから読むところですが、今回はちょっとだけ、ご挨拶を。

私のパソコンにビスタを更新インストールして、大混乱してました。
ビスタのために、動かなくなったソフトやハードは多いです。

連休とその前後は、仕事多忙過ぎて、バテています。
また、私の楽天読書ブログが、楽天IDを取得していなかったために、
更新不可となり、新しいIDを取得し、読書ブログを再度新規立ち上げました。
URLは;
http://plaza.rakuten.co.jp/beerhello/
でっす。

また、面白い映画DVDをいくつも入手し、読書ペースが落ちています。
(カーチェイスシーンのある映画が好きです)
そんな具合で、本書読了までの間に、ご挨拶としての書き込みです。

浅田次郎は、最近は大河的大作ばかりを書いていますね。
複数の大作の舞台は中国で、現在も雑誌連載中の、未完のものもあります。
雑誌連載中のものは、断片的に読んでもあまり面白くないです。

著者は、自らの代表作を仕上げたいのだと思います。
例えば、高橋克彦なら「炎立つ」といった大作の代表作があります。
森村誠一でさえ、最近は大河的小説に凝っている様です。
実力派作家の間での、ブームなのでしょうか?

ただ、著者の大河的小説に「泣き」はありません。
「泣かせの浅田次郎」という異名があるくらいです。
やはり、著者は、こうあるべき?ですね。

「めぐりあい」が収録されていますね。
何かの雑誌で、既に読んだ事がありまっす。
| ヤキソバ | 2007/05/10 8:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/360
トラックバック
壬生義士伝 中井貴一 、 佐藤浩市 、 三宅裕司 、 中谷美紀 、堺雅人
壬生義士伝何度見直しても泣けます家族を守る情と、義に生きるもののふの魂を見事に同化させた中井喜一も良いし、佐藤浩市も後半の情が良く演じられている壬生義士伝を紹介する他のサイトでは省略されている(このときは駆け出し扱い?)キャストに堺雅人がいる...
| 映画村 | 2007/06/09 11:44 AM |
月島のレバーフライはうまい【パソコン初心者情報バンク】
 久しぶりに月島にもんじゃを食べに行きました。もんじゃにはやはり、そばを入れなければ腹が膨らみません。昔は3,4軒しかなかったもんじゃ屋が今じゃ60軒位ある!!味噌屋、洋服屋がみんなもんじゃ屋に変わってしまった。 でも、昔から月島にはもう一つの名物が
| パソコン初心者情報バンク | 2007/06/01 7:32 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links