隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大きな熊が来る前に、おやすみ。 | main | 月島慕情 >>
# 海の底
海の底
海の底
有川 浩
海の底/有川浩
メディアワークス
1680円
評価 ☆☆☆☆☆
横須賀に巨大エビ来襲!
食われる市民を救助するため機動隊が横須賀を駆ける。
孤立した潜水艦『きりしお』に逃げ込んだ少年少女の運命は!?
海の底から来た『奴ら』から、横須賀を守れるか―。



(感想)
おもしろいっ拍手

「巨大エビ来襲!」なんて、トンデモ系びっくりのストーリーですが、
それを受け入れられる人にはたまらない面白さぴかぴか
「ゴジラ」と「ガメラ」とか「モスラ」が好きな私にはドンピシャでした。

展開が早いし、ムダがなくテンポ良く進むので、
この分量のわりにあっという間に読めてしまいます。

著者の有川浩さんは
お名前からして男性だと勘違いしていたのですが女性だったんですね(@_@;)
でもそれを知って納得ニコニコ
ここまで女の私がこの本にのめり込めたのは、
ベタだけど女性が好みそうな恋愛ラブの描き方にあると思います。
そして人物の描き方のうまさ!
中心人物も脇役もいわゆる悪役も生き生きと個性的に描かれていて、
誰もが魅力的ですウィンク
パニック時における人間の心理も、
きれいごとだけじゃなく生々しさと、でも人間らしさも抜かりなくしっかり魅せてくれます。

SFともパニックものとも言い難い魅力に溢れた作品。
ありえない設定だけど、読まず嫌いでパスしちゃうにはもったいない傑作です☆
| comments(1) | trackbacks(0) | 09:23 | category:    有川浩 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:23 | category: - |
コメント
エビが人を喰う?
なんじゃそりゃ〜〜*!!
ですね。
これも奇抜ッ(*゚口゚)驚
私の怪獣のイメージはゴジラですから、普段私達が食べてぃるエビにまさか喰われるとは…。
この話はホントに、危険にさらされた人間がリアルに書かれてますね。
脇役の人も細やかに書かれていたょうに思いマス。
| あさの★ | 2007/11/15 6:19 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/359
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links