隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 年に一度、の二人 | main | ズッコケ中年三人組age41 >>
# 7月24日通り
7月24日通り
7月24日通り
吉田 修一
7月24日通り/吉田修一
新潮社
1365円
評価 ☆☆☆☆
退屈でしかたのなかった朝のバス通勤バスを何となく楽しめるようになったのは、
まだ行ったこともないポルトガルのリスボンという街の地形が、
自分の住む地方都市とどこか似ていると発見したから。
「丸山神社」を「ジェロニモス修道院」、
「水辺の公園」を「コメルシオ広場」などと言い換えて楽しみ、
夢見るOL・本田小百合。
“間違える”のが不安で、平凡な選択ばかりしてきた私でも
一度くらいはドラマみたいな恋ラブをしてみたい・・・。
間違ってもいいから、この恋を選ぶ。
そう思ったこと、思いたかったこと・・・ありませんか??



(感想)
各章のタイトルが
「モテる男が好き!」
「イヤな女にはなりたくない」
「どちらかといえば聞き役」
「家族関係は良好」
「初体験は19歳」
「タイミングが悪い」
「ときどき少女漫画を読む」
「夜のバスが好き」
「アウトドアは苦手」
「間違えたくない」
と○×方式の自己分析になっています。
これは主人公の弟の恋人が自分がどんな女なのか分析して、
モテない理由を突き止めようとした場面で出てきた10個のキーワード。

あなたは何個あてはまりましたか?(私は6個)

平凡な女は恋愛で冒険をすることができない。
なぜなら、それは「間違える」ことを極端に恐れているから
主人公の小百合もそんな夢を見ているだけの女の子なんだけど、
あることをきっかけに勝負に出ようとします。
これは彼女がそう決意するまでの物語です。

私もどちらかとこのタイプなので、生々しく共感できました。
特に高校時代の彼女に告白してきた男子が、
女子の話題の端にものぼることもない地味な男子であったことに傷つき、
「私はああいう男の子に選ばれるような女なんだ」と思ってしまうところなんか
悲しいくらいに理解できてしまった。

そして一度も情熱的な恋をしたことのない女に、
そういう恋に走ろうとしている人を止める権利はないなんて思っちゃうあたりもあせあせ

自分の平凡さは自分がいちばん理解してるんですよ。
でもそれを認めたく自分も確実に存在する。
そのへんのモヤモヤがわかりすぎるほどわかる。
そして、自分の誇りであったイケメンの弟が、
自分ん似たタイプの平凡な女を選ぼうとしていることに対する、
激しい反対もわかる!

自分の住む街をリスボンだと思いこもうとしているという主人公の設定も、
彼女の性格を表現するのに、うまい設定だと思いましたニコニコ

「もっと幸せになれたはずなのに・・・」と小さな後悔を抱えている
女の子たちに読んでほしい本です。
かわいいお話でした。

(でも私は、この主人公があの日、電車に飛び込まなくても
 もう一つの出会いが実り、幸せになれたような気がするのですが・・・。
 ダメ?私のそんなとこが臆病だってこと?)
| comments(4) | trackbacks(1) | 11:44 | category:    吉田修一 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:44 | category: - |
コメント
★みおちゃん
TBありがとう♪
さっそくみおちゃんのブログも読ませていただきました。
自分に似てる主人公の本を見つけた時って感慨深いよね。
しみじみしちゃうよね・・・。
| ともみ | 2007/06/12 12:12 PM |

私も読んだので、TBさせていただきました!!
| みお | 2007/06/11 11:03 PM |

★みおちゃん
この本にでてくる地方都市って長崎だったの!?
おおー、それは知らなかった!

高校の先輩かー。
そういう接点があるとついつい読んでみたくなるよね。
自分の知っている町並みや風景が描かれている本は特別に感情移入できるもん。
| ともみ | 2007/04/16 11:54 AM |

吉田さんは高校の先輩です(*^^*)

映画のポスターに、『リスボン(でも実は長崎)』って書いてて、どういうことかなぁ、って思ってたんですよー。
なるほど☆

読まなくては!!おもしろそう♪
| みお | 2007/04/14 7:19 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/353
トラックバック
想像すれば
1日1冊実行中。 今日は 吉田修一『7月24日通り』。 by Seesaaショッピング7月24日通り¥ by Seesaaショッピング7月24日通り¥ 大沢たかおと中谷美喜で映画『7月24日通りのクリスマス』にもなりました。(まだ見てないけど) 私の地元・長崎で映画が撮影された
| 忘れない日々のこと | 2007/06/11 11:02 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links