隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 四度目の氷河期 | main | アルゼンチンババア >>
# 緊急版  年収120万円時代 -生き抜くための知恵と工夫-
緊急版 年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫-
緊急版 年収120万円時代-生き抜くための知恵と工夫-
森永 卓郎
緊急版  年収120万円時代 -生き抜くための知恵と工夫-/森永卓郎
あ・うん
1470円
評価 ☆☆☆
私は3年前にこう予測しました。
「将来的に日本社会は三極分化し、年収3億円以上のA層が約1パーセント、
年収300万円クラスのB層が約5割、年収120万円暮クラスのC層が約4割になる。
しかし、悲観することはありません。
年収300万でも工夫次第で豊かな暮らしはできますよ」と。
しかし、私はこの予測は甘かったと反省しています。
予測の実現は思った以上に早く訪れ、
多くの労働者が年収300万どころか120万生活に突き落とされかけてます。
この厳しい時代をどう生きていくのか・・・知恵と工夫の生き方のススメ。



(感想)
著者は数年前に「年収300万円時代を生き抜く経済学」という本読書も書いていますが、
今回、テーマが300万が120万まで引き下げられましたショック
これだけでも激しい危機感が募りますあせあせ

現状は次第に悪化していて、
年収120万の中で工夫してやっていきましょうという状態では既になく、
何が何でも年収300万を確保するべく、
副業等の必要性などが論じられています。

そもそも私たちが庶民感覚でしか世の中の現状を見られないのと同じく、
法律を決め、世の中を動かしていく政界・財界の人たちは
あくまで自分たちの感覚で、
自分たちの生活が良くなるようにという視点しか持ち合わせていません。
だからホワイトカラー・エグゼンプションなんて
私達からしたらとんでもない話が持ち上がってくる。
これでは本当の意味での景気回復なんて夢のまた夢、
いつまでたっても私たちのような底辺までに行き届くことはない。

収入がない人ほど結婚率も低い、子供赤ちゃんが産めない、
満足な教育学校を受けさせられない。
今、日本が抱えている少子化、学力の低下・・・
すべては一本の線でつながっています。
私たちはその「危機感」を認識し、
「自分の身は自分で守る」、この決意を持つことが重要
です。

新しい情報は特にありませんでしたが、
今の状況を恐ろしいほどまでに認識させられる本でした。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
年収300万円時代を生き抜く経済学/森永卓郎
ワーキングプア いくら働いても報われない時代が来る/門倉貴史
| comments(0) | trackbacks(1) | 10:11 | category: 作家名 ま行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/348
トラックバック
ホワイトカラーエグゼンプションと残業
ホワイトカラーエグゼンプションという法律と残業の関係は?残業代がゼロになると困るよね…給料が減っちゃう…
| ホワイトカラーエグゼンプションと残業 | 2007/06/18 12:47 PM |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links