隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モノレールねこ | main | チエちゃんと私 >>
# 七夕しぐれ
七夕しぐれ
七夕しぐれ
熊谷 達也
七夕しぐれ/熊谷達也
光文社
1680円
評価 ☆☆☆☆☆
私が仙台のO町にに引っ越したのは、
小学5年生学校に進学した春桜だった。
セピア色の記憶は、きらきらした七夕飾りとともに蘇る。
記憶の中できらめく七夕飾りを見上げるのは、
私とナオミとユキヒロ、そして安子ねえと沼倉のおんちゃん。
僕は決してあの日々を忘れない・・・。



(感想)
このお話の時代設定は現代ではなく、
今から数十年前、ちょうど「巨人の星野球」のアニメテレビがリアルタイムで放映していた頃。

住んでいる地域や先祖の暮らしぶりから、
差別を受けている友人を目の当たりにした少年。
差別問題を子供の目から見つめた、小さなヒーローの物語ですぴかぴか

私が子供のころもちょっとしたいじめはあった。
けどそれは「家が古い」とか「天パだ」とかそういう次元の話。
しかしこの本の中に描かれるものはもっと根深い。
「いじめ」を超えた「差別」だ。
住む環境や自分のルーツを否定され、
子供同士だけでなく、
この本の中の教師たちがそうであるように
大人は目をそらしたい、むしろかかわりたくない問題。

それにしても生徒に平等であるはずの教師までもが、
この問題を必死に隠蔽しようとするほど
当時はタブーな問題だったのだろうか。

私の住むところではまったく聞かないけど、
今でも根深く同和問題が残っている地域があるらしい。
彼らは結婚や就職の際に差別を受け、あたりまえな社会生活が送れないでいる。
今の日本にはあってはならない問題だと思います。

生まれてしまった環境と血筋から来る問題を描いた作品でありながら、
子供たちの親の影が少ないのが作品としては少々ギモンが残る。
でも安子ねえと沼倉のおっちゃんが十分にその役目を担ってるし、
これはあくまで子供たちの物語だからこれでいいのかもラッキー

差別とはなんなのか・・・真剣に考える機会を与えてくれる本でした。
子供たちの行動力を尊敬する。
大人も彼らを見習っていかねば!!

本文の最後の一行に注目猫2
この一行が物語ることに淡い期待を抱いて待ってますよ、熊谷さん。

最近読んだ中ではナンバー1に面白かったラッキー
強く強く引き込まれました。



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
箕作り弥平商伝記/熊谷達也
| comments(4) | trackbacks(0) | 10:57 | category:    熊谷達也 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:57 | category: - |
コメント
★ヤキソバさん
私は昨年、テレビで同和差別問題の特集を見て、
はじめて現代でもこんなことがあるということを知り、ショックを受けました。
たしかそのテレビも大阪だったか関西の話だったと思います。

たしかにこんな根深い問題で「正義」という言葉は軽々しいかもしれません。
しかしこれは子供たちの物語であって、
問題の理不尽さに気づき、立ち上がった主人公はまさに「正義のヒーロー」なのではないでしょうか?
この本に不自然なくらい親が介入しないのも、
あくまで子どもたちの間での問題として描いているから思います。


ところでこのブログを読んで
「ひとり日和」に興味を持っていただけるとは意外です。
年を重ねれば重ねるほどにこの出版社への苦手意識が強くなります。
もう「文藝賞」なんて期待してませんし・・・。
ああ、そういえば青山七恵さんも文藝賞出身でしたっけ??
| ともみ | 2007/03/07 12:13 PM |

ともみさん、おおきにおおきにご苦労さん。

ここで描かれている問題は、私の住む奈良県や、
隣の大阪府では、きわめて深刻です。
露骨な差別が行われてきました。

学校では、徹底的に教育されます。
差別の歴史を、何十時間にもわたって解説され、
いかに差別が不当なものであるかを説かれます。

私の当時のクラスは、1/3は該当地域の出身者でした。
こういう教育の成果か、生徒どうしには差別感情はありません。

しかし、親が徹底的に差別し、
その地域の同級生と遊んだりすると、カンカンに叱られます。
現在でも、就職や結婚における差別は、如何ともしがたいです。
私の親は、差別意識を持っていませんが、親の周囲が持っています。

こんな根深い問題で、正義なんて言葉が通用するか?です。
しかし、今の新らしい教育を受けた世代には、あまり差別感情は
ありません。

世代交代とともに、状況が改善しつつあるのも事実です。

ところで、私は、最近は、クリスティーとアーサー・クラークに
凝っていて、7アンドYへの注文は下記となっています。

「ひとり日和」は、最初は興味は無かったのですが、
このブログを読んで興味を持ちました。

読書感想は、アマゾンの外で行うのもオツですネ。

(7アンドYへ注文中のもの)

宇宙戦争、H・G・ウエルズ著
火星夜想曲、イアン・マクドナルド著
ページをめくれば、ゼナ・ヘンダースン著
渇きの海、アーサー・C・クラーク著
ひとり日和、青山七恵著
宇宙のタンデヴー、アーサー・C・クラーク著

(「七夕しぐれ」のアマゾンレビュー)
掲載されるかどうかは不明です。その理由は、24時間以内に、
2〜3本のレビューを送っているから、多過ぎるのだと思います。

正義の方向性と、爽やかな読後感

この差別の根は壮絶なまで深い。
正義などという看板を振りかざして、解決出来る様な、生やさしいものではない。
現在でも、各地で、政治や経済の深刻な問題が噴出しているが、多くの人は、この問題を避けて通る。

舞台は昭和30年代だろうか?
この頃はひどかった。

ここで描かれている行動は、微力ではあるが、大きな力になっている。
そして、この作品の舞台となった当時と、今とでは、状況は格段に改善している。
そこには、血のにじむ様な、努力の積み重ねがあった。

やはり「大義名分」は御法度だ。
3人の行動に拍手を送りたい。

表紙カバーの表は仙台の町並と広瀬川、裏はユキヒロ、ナオミ、そして、カズヤだ。
読了して眺めると、この裏側の絵は、大変微笑ましい。

手に汗握る場面もある。
正義とは、この様な形で、発揮すべきだ。

深く感動した。
| ヤキソバ | 2007/03/07 1:06 AM |

★ヤキソバさん

ああっ〜、そういうの嬉しいです♪
私はこういう声が聞きたくて、
こうして感想を公開しているのかもしれません。

テーマは重いけどすがすがしくて、
今年読んだ中ではいちばん面白かったです。
ヤキソバさんの感想も楽しみにしてますね〜。
| ともみ | 2007/03/01 1:21 PM |

おおきにおおきにご苦労さん。

この本、ともみさんの感想を読んで、興味を持ち、
アマゾンで購入しました。
すると、現在在庫が無く、発送が少々遅れるという事です。
送られてきたら、すぐに読みまっす。
| ヤキソバ | 2007/02/28 5:45 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/342
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links