隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< となり町戦争 | main | 土の中の子供 >>
# 海
海

小川 洋子
海/小川洋子
新潮社
1365円
評価 ☆☆☆
キリンはどんなふうに眠るのだろう。
昨日までは知らなかった誰かと触れ合い、
思い出や秘密を共有することの美しさの不思議・・・。
「博士の愛した数式」の前後に書かれた美しくも深い
7つの短編集。



(感想)
7つのうち、「銀色のかぎ針」と「缶入りドロップ」は
それぞれ3〜4ページ程度の短いお話です。

すべての話に共通するのは、
主人公が昨日までは知らなかった誰かと出会い、
その人の触れ合うことによって、
大切な思い出であったり、時間であったりを共有すること。

小川洋子さん独特のつかみどころのない、
空中を浮遊するような不思議なお話ばかりニコニコ
描写も美しく、じっくりどっぷり世界観に浸れます。

いちばん素敵だったのは「バタフライ和文タイプ事務所」。
硬質に、間接的に、性を描いた作品。
ただタイプを打つ音だけが鳴り響く静けさと、
タイプを打ち指先の動き。
「性」と「静」の美しさ、
大人じゃないとわからないいやらしさがあるっっ!!
でも、それが下品じゃなくすごく上品なの。
むしろ、とっても美しいポッ

表題作の「海」に漂う不思議な空気も好き。
小さな弟はこの世でただ一人、「メイリンキン」という楽器の演奏者。
その音色がどんなものなのか想像し、
しばし夢心地に浸れるような味わい深い作品でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:20 | category:    小川洋子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:20 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/294
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links