隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 相克の森 | main | 浄土 >>
# 吐きたいほど愛してる
吐きたいほど愛してる。
吐きたいほど愛してる。
新堂 冬樹
吐きたいほど愛してる/新堂冬樹
新潮社
1470円
評価 ☆☆
迷惑な妄想逆ギレ男が、
夫の帰りを正座して待つ壊れた妻が、
生き地獄を味わう美少女が、
虐待される寝たきり老人が、自己の中心で愛を叫ぶ!
隠された狂気を炙り出し、想像力の限界に挑んだ、
強烈すぎる「過激な愛」の小説集。



(感想)
純愛だけが愛ではない。
狂気を含んだ決して美しくない愛も存在する。
それをイヤというほど見せられる作品。

あまりのグロさに何度読むのをやめてしまおうと思っただろう・・・あせあせ
この本を読むという運命を選んでしまった自分を激しく憎悪する泣き顔どんっ

4編中、安心して読めるのは「まゆかの恋慕」だけ。
これは乙一作品に似た切なさがあります。

が、他は・・・。
やー、“吐きたいほど”とはうまく言ったもんだと関心してしまいます。
まさか一般の文芸書を読んで“ウジ虫チャーハン”なんてものにお目にかかるとは
思ってもいませんでした。
| comments(6) | trackbacks(0) | 11:59 | category:    新堂冬樹 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:59 | category: - |
コメント
★きつねさん★
ウジ虫チャーハン。。。
大人の発想じゃないですよね(>_<)
新藤冬樹さんはグロイのもあれば泣けるのもあるから
ストーリーをよく確認してからでないと読めないですよねっ。
| ともみ | 2007/09/21 11:15 AM |

ともみさん、こんばんは☆彡
ウジ虫チャーハンはさすがに強烈ですね。
このオゾマシさがなんともたまりませんでした!
| きつね | 2007/09/20 9:01 PM |

★きつねさん
こちらこそありがとうございます♪

うじ虫チャーハン、
拝んでみてください(~_~;)
| ともみ | 2006/12/08 9:38 AM |

ともみさん、こんばんは☆彡
漫画以外でうじ虫チャーハンを拝むとは・・・。

相互リンクにして頂いて、ありがとうございます!
これからも宜しくお願いします(^^)
| きつね | 2006/12/07 8:33 PM |

★きつねさん
新堂冬樹さんはいろんな顔を持ってますよね〜。
作風がつかめませぬ(~_~;)
だってうじ虫チャーハンですよ・・・。

リンクありがとうございます。
さっそくこちらにもはっておきました!
これからもよろしく☆
| ともみ | 2006/12/07 12:04 PM |

ともみさん、こんばんは。
この本は気になっていたのですが、相当グロいみたいですね。
あえて読みたい気もするので図書館で借りてみようと思ってます(相当先ですが・・・)

あと、こちらに書いていいのかわからないのですが、
こちらのブログにリンクを張っても良いでしょうか?
承諾を得てからと思い、こちらに書かせて頂きました。
メールでも、ブログでもいいのでお返事待ってます。
このコメントが不都合なら削除してください。
突然すみませんでした。
| きつね | 2006/12/06 10:54 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/266
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links