隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 古道具 中野商店 | main | AMEBIC >>
# 告白
告白
告白
町田 康
告白/町田康
中央公論新社
1995円
評価 ☆☆☆☆☆
人はなぜ人を殺すのか――。
河内音頭のスタンダードナンバーで実際に起きた大量殺人事件
<河内十人斬り>をモチーフに、
永遠のテーマに迫る渾身の長編小説。



(感想)
文章にするとかわいげのある河内弁。
町田康の独特の文体が主人公・熊太郎の生き方に絶妙に溶け込んだ紛れもない傑作。
私はこんな町田康を待っていたのかもしれない

“思弁家”ゆえに、思いと言葉が一つにつながらず、
世間とうまくコミュニケーションがとれない熊太郎。
村の人間には馬鹿かやくざか厄介者と思われてしまっているけど、
ほんとは生きるのが下手なだけのいいやつ。

自分はこのままで終わる人間ではない・・・
いつかは・・・
そう思い続いてきた熊太郎の行く末は、
自分を利用し、馬鹿にし、裏切った人間たちとその親族達を大量に殺すこと・・・!!

終盤までは決して人前では読めない(必ずふきだしてしまうから)
くほほと笑いのこぼれる町田ワールドですが、
大量殺人の場面以降は笑いどころか凄まじさに圧倒されながら震えて読みました

弥五郎と熊太郎の関係も素晴らしい。
男同士っていいですねぴかぴか
熊太郎への恩を忘れず、絶対的に味方をしてきた弥五郎の中に
たった一度だけの迷いが出たときに起こってしまった事件。
あのときの弥五郎の後悔・・・
それを思うと女の私でも男泣きしちゃいそう泣き顔
“二人で無茶すること”の結末がああいう形で終わってのは、
二人にとっても読者にとっても幸せなことでした。

人一倍悩み考えているのに、必ず失敗や後悔を引き起こす。
熊太郎は人間くさすぎるといっていいほど、人間らしかった。
人間のもっとも根源にある泥臭さや醜さ、
そして逆に美しさも嫌というほどに見せ付けられる魂の小説でした。


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
セイジ/辻内智貴
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:25 | category:    町田康 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/241
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links