隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< とんまつりJAPAN―日本全国とんまな祭りガイド | main | 自転車少年記  あの風の中へ >>
# 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~/リリー・フランキー
扶桑社
1575円
評価 ☆☆☆☆☆
東京タワー。
それは東京のど真ん中に突き刺さっている。
東京の中心に。日本の中心に。
ボクらの憧れの中心に。
この話はかつてそれを目指すために上京したオトンと、
ボクと、オカンのちいさな話です


(感想)
みうらじゅん、福山雅治が
帯に感想を寄せて絶賛しているのを見ただけでワタシ的に“買い”!
この二人が評価するなら絶対に面白いと,
自信を持ってレジへ持っていきました。

“ボク”が一番恐れていたこと。
これは私自身が一番恐れていることでもあります。

確実に誰にでも訪れるであろう恐怖。
明日か10年後か20年後かはわからないけれど、
いつか迎えるその瞬間におびえながらも、
その瞬間に“後悔”だけは感じないように、
私は生きていきたい。


それがリリーさんに教えられたこと。

淡々とした語り口。
専業の作家が使わないような面白い表現もたくさん使っている。

リリーさんらしい軽さを出しながらも、
母と子の絆という“語るのがちょっと恥ずかしい”テーマを
本気で書いたリリーさんはやっぱりかっこいい

照れずにこういうことができるってやっぱり「大人」なのかもしれない。


●この本を好きな人におすすめなのは・・・
陰日向に咲く/劇団ひとり
| comments(0) | trackbacks(0) | 01:25 | category: 作家名 ら行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 01:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/236
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links