隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< アンボス・ムンドス | main | 青に捧げる悪夢 >>
# 天使のナイフ
天使のナイフ
天使のナイフ
薬丸 岳
天使のナイフ/薬丸岳
講談社
1680円
評価 ☆☆☆☆
夫・桧山貴志は耳を疑った。
妻が生後五ヶ月の娘赤ちゃんの目の前で惨殺されたという。
しかも犯人は十三歳の少年三人・・・。
四年後、犯人の少年の一人が殺され、桧山は疑惑の人となる。
少年たちの事件後を追う桧山に付き付けられた信じがたい真実、
恐るべき過去とは――。



(感想)
少年法がテーマ。
厳罰・更正どちらの角度からもうまく描かれてあります。

罪に問われないのなら・・・
裁くことができないのなら・・・
自分が殺してやりたい。
「裁くことができない」という苦しみを背負った男の葛藤と
それでも生き続けていくしかないという悲しさが響きます。

登場人物全員が何かを隠してるようにあやしいですひやひや
みんないい人なんだけど、どこか釈然としない。
そのすっきりしない所も引き付けられました。

けどなー、伏線が畳み掛けるように絡み合いすぎあせあせ
やや作り込みすぎな印象も受けました。


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
さまよう刃/東野圭吾
| comments(0) | trackbacks(0) | 09:55 | category: 作家名 や行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 09:55 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/222
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links