隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファーストクラッシュ | main | 昨日がなければ明日もない >>
# また明日
評価:
群 ようこ
幻冬舎
¥ 1,870
(2019-09-19)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 また明日 / 群ようこ(幻冬舎)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

ヤヨイ、タカユキ、ユリコ、カツオ、マスコ。

子供時代の一時期を共に過ごした同級生5人は、還暦を過ぎて再会した。

それぞれの人生は、思い通りにならないことの方が多かったかもしれない。

でも、「また明日」といい合える友がいて、これからも毎日は続いていく。

昭和30年代から平成の終わりまで、時代背景とともに綴る長篇小説。

 

 

 

 

感想)

 

小学校の同級生が還暦を過ぎて再会するお話です。

はじめに5人の人生が各章でそれぞれ綴られ、最後に再会の章で締めくくる構成。

 

みーんな普通の人なんだけど、それぞれに「人生」があります。

みんな、自分の人生の主人公。

たまには驚くようなこともあるけど、おおむね平凡に過ぎていく人生。

でもその平凡や小さな積み重ねこそが、実はとっても大事なことで、

かけがえのないものなんだよな〜としみじみ感じました。

誰かに「また明日」って言えることって幸せなことなのかもしれないですね。

 

ほのぼの、じんわり、あったかい作品。

 

| comments(0) | - | 11:29 | category:    群ようこ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:29 | category: - |
コメント
コメントする









Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links