隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ノーサイドゲーム | main | 魔眼の匣の殺人 >>
# 待ち遠しい
評価:
柴崎 友香
毎日新聞出版
¥ 1,760
(2019-06-08)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 待ち遠しい / 柴崎友香(毎日新聞社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

住み心地のいい離れの一軒家で一人暮らしを続ける北川春子39歳。

母屋に越してきた夫を亡くしたばかりの63歳、青木ゆかり。

裏手の家に暮らす新婚の現実的な今どきの新婚25歳、遠藤沙希。

年代も性格もまったく異なる3人の出会いから始まった、

温かく、どこか噛み合わない“ご近所付き合い”、その行方は―。

 

 

 

(感想)

 

同じ女性であれど、世代も性格も人生観もまったく違う3人が、

ご近所さん」という縁でつながって交流していく姿を描いています。

さして大きな出来事があるわけでなく、淡々と進んでいきます。

でも、人生ってそんなもんですよね。

自分の近くにもいそうな普通の人の普通の生活をのぞき見させてもらうような作品でした。

 

人に迷惑をかけずにそれなりの生活をしているのに、

いい年になっても独身だとか、ちょっと変わった服装をしてるとか、

そんなことだけで色眼鏡で見られる。

そんなの今どき古いと思うけどなぁ〜。

いろんな人がいるから面白い、いろんな人がいるから世の中は成り立つ。私はそう思います。

早く、そういう考えが当たり前の世の中になることを願います。

 

何かを「待ち遠しい」と思えることの幸せも実感しました☆彡

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:39 | category:    柴崎友香 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1324
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links