隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< つみびと | main | はつ恋 >>
# 「秋田のターシャ」と呼ばれて

JUGEMテーマ:ノンフィクション

 

 「秋田のターシャ」と呼ばれて / 佐々木利子

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

鳥海山の麓、秋田県にかほ市の小さな集落にあるイングリッシュガーデン。
強い意志を持たないとたどり着けない場所ながら、全国から訪れる人が絶えない名物庭園です。
荒れた竹藪をひとりで開墾し、美しく生まれ変わらせたのが佐々木利子さん。
夢を叶える不屈の精神と花を愛し育てるグリーンフィンガーを持ち、
訪れる人の心を解きほぐす飾り気のない人柄。
いつしか「秋田のターシャ」と呼ばれるようになりました。
けれど、その強さと明るさの裏には厳しい人生の試練がありました。
本書はそんな佐々木さんの暮らしの歳時記。美しい庭の四季を1年かけて撮り下ろしました。

 

 

 

(感想)

 

このブログに感想は書かなかったけど、数か月前に一度読み、とても感銘を受けた本です。

そして、2週間ほど前にこの佐々木さんのガーデンにも行ってきちゃいましたっ!

帰宅後に再読、そのうえでの感想です。

 

ガーデンの1年間の様子を豊富なカラー写真で紹介。

時間をかけて丁寧に作ったことがしっかりと伝わってくるあたたかな本でした。

どの季節の写真も美しく、

「一度だけじゃだめだ、別の季節にもここを訪れてみたい」・・・そう思わせてくれます。

 

佐々木さんを過酷な庭造りに奮い立たせたのは妹さんの死です。
私も弟を亡くしているので、
佐々木さんの妹さんへの思いや悲しみには人一倍感じるものがあるのかもしれません。

若いうちに志半ばで亡くなった妹さんの無念、

妹さんと交わした約束の実現・・・

ひとりで竹藪を開墾して、無数の巨大な噴石と戦って・・・

ただ土いじりが好きなだけでできる仕事じゃない。

悲しみと強い意志がそれをさせた。

そして家族が去ったこの世での自分の居場所を、自分で作りあげた。

その根性には言葉が見つかりません。

 

それにしてもうちの庭!! どうにかしなきゃあ・・・。

引っ越してきて3年目に突入・・・いまだ方向性を決めかねており、中途半端な庭のままです。

いいかげんになんとかしないと(;´・ω・)

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:52 | category: 作家名 さ行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:52 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links