隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 彼女は頭が悪いから | main | しいちゃん日記 >>
# 草原のコック・オー・ヴァン 高原カフェ日誌

JUGEMテーマ:小説全般

 

 草原のコック・オー・ヴァン 高原カフェ日誌供 拭ー禿弔茲靴(文藝春秋)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

東京の出版社をやめ、百合が原高原にカフェを開業した奈穂。
背水の陣で始めたカフェも二年目を迎え、地域の人々にも認められてきた。
村役場で働く涼介との出会いにも支えられ、穏やかな日々を過ごす奈穂の前に、
ワイン醸造の夢を抱く、元人気ミュージシャンの青年が現われる。
世間を騒がせた過去を持つ彼の出現は、静かな高原の町を揺さぶり、
この地で自立することを決意した奈穂にひとつの決断を迫る――。
『風のベーコンサンド 高原カフェ日誌』に続く、人気シリーズ第二弾。

 

 

 

(感想)

 

これは絶対に続編あるだろ〜な〜と思ってました。

相変わらずの美味しそうな料理・・・やっぱ女子向けの小説ですね。

今回はワインに関しても専門的に掘り下げていて、

食べ物を描く小説としてはさらにパワーアップした感じです。

しかし・・・

主人公の奈穂さんの料理に対する姿勢や心の在り方は相変わらず素晴らしいけど、

前作ほどは好きになれなかったです。

田舎のいやな部分なより生々しく描かれていたからでしょうか。

私も田舎に住んでで、他人がプライベートにずけずけ入ってくる感じや

余計なおせっかい、好奇心を含んだ噂話など・・・・よくわかるので(;´・ω・)

 

けど、奈穂にしろ南にしろ森野にしろ、

自分の生きる道を見つけまっすぐ歩いてる人はやっぱり素敵だな。

奈穂さんが日々努力する姿にちょっと背中を押されました。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:39 | category:    柴田よしき |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:39 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links