隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ファーストラヴ | main | ダンデライオン >>
# 燃える波
評価:
村山 由佳
中央公論新社
¥ 1,728
(2018-07-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 燃える波 / 村山由佳(中央公論新社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

インテリアスタイリストとして仕事をしながら、

ラジオのパーソナリティーもつとめ、多忙な日々を送る帆奈美。

夫と猫、3人での静かな暮らしは、幼馴染みのカメラマン・炯と恋に落ちたことで崩れ去る。

他の男の存在に気づいた夫は、帆奈美の人格を否定する発言や行動を繰り返すようになり……。 
婚外恋愛がひとりの女性にもたらした大きな変化を描く、恋愛長篇。

 

 

 

(感想)

 

都会できらきら生きてる主人公がリア充すぎます。

まるで夢物語。リアリティがなさすぎでした。

主人公に限らず、どの登場人物にも感情移入できなかったです。

 

旦那との最終決戦の場面。

旦那が猫にひどいことをしようとするあの部分を読んだとき、

「こんな小説、読まなければよかった」と心から思いました。

猫にこんなことするなんて人間じゃない。そのくらい旦那のやろうとしたことはひどい。

今まで読んできたものがあれで一気にふっとんじゃって、

この小説といえば「旦那が猫にしたことがひどかった小説」ってなっちゃいそうです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:03 | category:    村山由佳 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:03 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links