隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 終わった人 | main | ファーストラヴ >>
# 咳をしても一人と一匹

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 

 咳をしても一人と一匹 / 群ようこ(角川書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

遡ること20年前、マンションの片隅で保護した子ネコ、それが「しい」との出会いだった。

小さな体ながらも隣室の飼い猫(オス)に襲いかかったり、

外ネコとも渡り合ったり…そんな最強の“女王様”も、今や立派な老齢猫に。

自称・“世界一、飼い猫に叱られている飼い主”の著者が贈る、笑いあり怒りありの日々の記録。

 

 

 

(感想)

 

ただ延々と飼い猫との日々の攻防が描かれるエッセイ集。

似たような争いの繰り返しで、猫に興味のない人にはたぶんつまらない。

けど猫好きさんは「わかるわわかる」とニヤニヤして楽しめる本だと思います。

かわいくって、微笑ましくって、二人のやり取りに何度吹き出したことかわかりません。

 

しいちゃんの鳴き声だけでも、

「にゃあ」「にゃー」「んー」「うー」「うわぁー」「うえー」

「わー」「いやーっ」「うわあああ」「きええー」「ふにゃああ」

「ぎゃあ」「みー」「きゃーっ」「ぐふー」「ぎえー」「ぎゃああ」

「あーっ」「にゃあん」「ぎー」「あーん」「ぎいい」「

「きえええええ」「わあああああ」・・・・などなど、

ここには書ききれないほどのレパートリーがあり、そこに愛情の深さを感じました。

嬉しい声・怒ってる声・・・気持ちをちゃんと聞き分けようとしてるのが伝わります。

下僕扱いされてもかわいい、睡眠不足になってもかわいい。

これは猫好きにしかわからない愛の境地なんでしょうね。

 

実は私も春から猫を飼う予定です。

この本を読み、これほどの愛を持って下僕に徹せられるかな?

睡眠不足、大丈夫かな?

・・・と、今までは考えてこなかった不安に襲われたこともたしか。

でも、感情のある生き物相手なんだからいいことも、悪いことも受け入れる。

群さんとしいちゃんのように、一緒に笑ったり喧嘩したりして生きていきたい。

その思いはさらに強くなったのでした。

今の時期にこの本を読んでおいてよかったです!

 

・・・それにしても19年間一度の外泊もせず猫と一緒にいるとは・・・。

驚いた以上に、その下僕ぶりに尊敬の念すら覚えます。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:58 | category:    群ようこ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:58 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1305
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links