隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ある男 | main | 咳をしても一人と一匹 >>
# 終わった人
評価:
内館 牧子
講談社
¥ 3,708
(2015-09-17)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 終わった人 / 内館牧子(講談社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

大手銀行の出世コースから子会社に出向、転籍させられそのまま定年を迎えた田代壮介。

仕事一筋だった彼は途方に暮れた。妻は夫との旅行などに乗り気ではない。

「まだ俺は成仏していない。どんな仕事でもいいから働きたい」と職探しをするが、

取り立てて特技もない定年後の男に職などそうない。

生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?

ある人物との出会いが、彼の運命の歯車を回す―。

 

 

 

(感想)

 

読みやすい文章で、ほぼ一気読みでした。

定年退職した人に対して「終わった人」って・・・なかなか凄い言葉だけど、

年齢だけで勝手に終わらせられてしまうには今の65歳は若すぎる。

「まだ俺は成仏していない」、そう思ってあきらめきれない気持ちはよくわかります。

だけど、こんな風に仕事に恋にチャンスが舞い込んでくるのはすごく稀な話で、

所詮おとぎ話だよねという印象はぬぐえません。

ファンタジーとしては面白かったけど、

定年後の人生を考えるにあたって、参考になる小説ではありません。

 

現実をしっかりと見ていて、冷静にはっきりとものを言う娘が気持ちよかったです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:10 | category: 作家名 あ行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:10 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1304
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links