隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ナナメの夕暮れ | main | 花だより みをつくし料理帖 特別巻 >>
# 表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 / 若林正恭(KADAKAWA)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

新作の舞台はキューバ!!

航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。

何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。

慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。

しかし・・・キューバはよかった。そんな旅エッセイでは終わらない。

若林節を堪能できる新作オール書き下ろし!

 

 

 

(感想)

 

あの若林がキューバへ一人旅!?

正直、この人には旅もキューバも全然似合わない気が・・・。

だからまずは「え!?一人旅?」「なんでキューバ?」なんて疑問と心配が溢れてきます。

しかし最後の最後に「なぜキューバなのか」「なぜ一人旅なのか」の理由が明らかになり、

それがわかったときは感動がガ―ッと押し寄せてきて思わず涙。

この構成のうまさ!!

日頃から本を読んでいる人だからこそのテクニックですね。

 

私自体がキューバという国にもともと興味がなく、

歴史的な背景も知らないので、

この本のすべてがちゃんと理解できたとは言えません。

でもこの旅で出会った人々・彼らの生活習慣や日常の文化の件は興味深く読みました。

いまだに配給制度があり、住む家も割り当てられる。

服を作る会社が国営だからお洒落な服なんかない。

若いうちから才能を見分けられ、職業訓練が徹底しており、日本のように職業選択の自由がない。

日本の社会で暮らしてる私から見れば自由のない生き苦しさを感じちゃいそうだけど、

それでも明るく陽気に生きる人々・・・

うーん、各国の違いを知るって驚きもありつつ楽しいですねw

観光地を巡る旅じゃない、人の暮らしに触れる旅・・・こういう旅をすることの意義を感じました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:25 | category:    若林正恭 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1298
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links