隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< キラキラ共和国 | main | 冥の水底 >>
# 彼方の友へ
評価:
伊吹 有喜
実業之日本社
¥ 1,836
(2017-11-17)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 彼方の友へ / 伊吹有喜(実業之日本社)

  

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

平成の老人施設でひとりまどろむ佐倉波津子に、赤いリボンで結ばれた小さな箱が手渡された。
「乙女の友・昭和十三年 新年号附録 長谷川純司 作」。
そう印刷された可憐な箱は、70余年の歳月をかけて届けられたものだった――
戦前、戦中、戦後という激動の時代に、
出版の世界で生きる波津子とそのまわりの人々を、
あたたかく、生き生きとした筆致で描く、著者の圧倒的飛躍作。

 

 

(感想)

 

健気で純粋な女の子が主人公。

大好きな雑誌を作る編集部で生き生きと生きているけど、戦争が世の中に暗い影を落とし・・・・って

まるで朝ドラみたいなストーリーでした。

 

戦争時代を描いているというだけで、

「人が死ぬんだな」「暗い展開になりそうだな」と思いがちですが、

この作品はそれを描きつつも、暗い・つらいだけではありません。

そんな時代にも美しいものを愛し、きらめきを失わない、

若い女の子のたちのきらきらが作中を明るく照らしています。

乙女のパワー、すさまじきww

こういう輝きのある作品、嫌いじゃないです。

でも回収しきれてない、

別になくてもいいような無駄な伏線が多すぎるのは気になります。

削る部分・しっかり書き込む部分・・・その選択と処理が荒いんですよね。

直木賞候補になってたようですが、これじゃあ受賞はさせられません。

 

作中に登場する少女向け雑誌は「恋愛」に絡む要素はあえて避けて作られています。

登場人物たちの恋心もさわやかに淡くしか描かれていません。

なのになぜか美蘭さんと有賀主筆のあの場面だけはなんだか妙に生々しく、

作中で気持ち悪いほど浮いていて・・・。

バランスの悪さを感じました。

 

悪くはないのにな〜。あと一歩のところで残念な印象の残る作品でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:50 | category: 作家名 あ行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1290
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links