隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彼方の友へ | main | もう一杯だけ飲んで帰ろう。 >>
# 冥の水底
評価:
朱川 湊人
講談社
¥ 1,944
(2014-10-29)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 冥の水底 / 朱川湊人(講談社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

医者である市原玲人は、友人の平松光恵に、

首から上だけが狼のいわゆる「狼男」の死体写真を見せられる。

彼女はその写真と大切な取材手帳を市原に託し、忽然と姿を消した。

時は20年遡る。阿巳雄山の奥に、特殊能力を持つ「マガチ」とよばれる人々が暮らしていた。

マガチの青年シズクは、初恋の少女を忘れられず、彼女を追って東京で暮らし始めるが……。

一途な純粋さが胸を抉る、一気読み必至の、純愛ホラー巨編。

 

 

 

(感想)

 

特殊能力を持つ異形の存在「マガチ」の一族は人間の世界に紛れ、

その能力に気づかれぬように暮らしている。

しかしマガチの少年が人間の女の子に恋をして・・・という純愛ホラー。

2段組でかなりのボリュームでしたが、

恋愛・ホラー・サスペンスといろんな要素の詰まった作品でした。

 

ネット上では「切ない」という感想を多く見かけましたが、

私はちょっと引いた・・・かな?

初恋の女の子を美化しすぎで、ここまで長い間思い続けるのは怖い。

これが人間じゃない人(人間じゃないんだから「人」っていうのもおかしいけど)だから切なく美しく思えるのかもしれないけど、

もしこれが人間だったら相当ヤバイ人。

そう思ってしまったら私はもうだめでした。これ、別の意味のホラーでしょ。

 

私が朱川さんに求めてるものは、こういうのではないです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:07 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:07 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1289
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links