隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 毒母ですが、なにか | main | 騙し絵の牙 >>
# 夜更けの川に落葉は流れて

JUGEMテーマ:小説全般

 

 夜更けの川に落葉は流れて / 西村賢太(講談社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

5歳で家を出て自給自足の生活を始めた北町貫多。

憬れだった築地市場での仕事を得るも、たった一日でそれを失うことになった顛末を描く「寿司乞食」。
齢23、24。すべてに無気力で受動的だった貫多を、

やや向日的な世界へ引き戻したのは、

梁木野佳穂という女性だった――表題作「夜更けの川に落葉は流れて」。
長いこと後ろ髪を引かれる思いでいた“あの店”。

貫多と店主の20数年にも及ぶ蟠りは、ある深夜不穏な最高潮を迎える――「青痰麺」。
これまで仔細には書かれなかった20代前半の北町貫多を、

哀切でいて軽妙、諧謔味と暴力性を併せ持った筆致で鮮やかに描いた、

著者の原点を炙り出す傑作作品集。

 

 

 

(感想)

 

ぐあー、もう最強に面白かったです。

「最低」「クソ」、こんな言葉が誉め言葉になる最低最高の私小説!!

なかでも「青痰麺」はサイテーでしょう。クソ野郎の極みでしょう。

これは今までの貫多の愚行の中でもいちばん笑ったかもしれません。

だってww

大きな賞を取って有名人になった影響がこんなところに・・・・腹抱えて笑うしかないでしょ。

一体どこまでが実話なんだろう。最低すぎて怖いですw

で、クソすぎるのに文章が抜群にうまいっていうのがなんともww

 

サイテーだけど人間臭くて憎めない。

笑える一方で不快にもなるんだけど、また読んじゃうんだろうな。

そんなクセになる作家なんだよなぁ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:59 | category:    西村賢太 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:59 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1279
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links