隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 盤上の向日葵 | main |
# AX アックス
評価:
伊坂 幸太郎
KADOKAWA
¥ 1,620
(2017-07-28)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 AX アックス / 伊坂幸太郎(角川書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

最強の殺し屋は―恐妻家。

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらず、一人息子の克巳もあきれるほどだ。

兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。

引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、

爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作。

 

 

 

(感想)

 

伊坂幸太郎さんの作品はいつも間違いなく面白いんだけど、

そのスタイリッシュなかっこよさが田舎者の私には気恥ずかしく感じられることがあるのも否めません。

しかし今作はスタイリッシュなかっこよさはないww 

殺し屋だって、家庭に戻ればフツーのお父さん。

しかも奥さんにまーったく頭があがらない恐妻家ときたもんだっ!

殺し屋というハードボイルドな世界とユーモラスでのんびり〜とした家庭での風景のギャップが楽しくて、

いつもとはちょっと違った伊坂ワールドを楽しめました。

世のお父さんたちは相当共感できるはずです!!

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:18 | category:    伊坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:18 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1276
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links