隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 生の肯定 | main | 盤上の向日葵 >>
# マスカレード・ナイト

JUGEMテーマ:小説全般

 

 マスカレード・ナイト / 東野圭吾(集英社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

若い女性が殺害された不可解な事件。

警視庁に届いた一通の密告状。
犯人は、コルテシア東京のカウントダウンパーティに姿を現す!?

あのホテルウーマンと刑事のコンビ、再び――。

 

 

 

 

(感想)

 

「マスカレード・ホテル」「マスカレード・イブ」に続くマスカレードシリーズ第3弾。

私、「ホテル」は以前読んでるんですけど、「イブ」はまだ。

実は「ホテル」がそれほど面白かった印象がなく、

読んだ時期がたまたま忙しかった時期だったこともあって感想も書かなかったんだけど、

それでも「ナイト」は十分に楽しめました。

これきっかけに「イブ」を読んで、「ホテル」も再読してみようかなっ。

 

東野さんの作品だからもちろんサスペンスです。

けど、コンシェルジュの山岸さんが宿泊者たちの持ち込む難題を

見事に解決していく様を楽しむだけでも読みごたえアリ。

こっちメインの連作短編集にして、

本筋の殺人事件をなくしちゃっても作品として十分に成立しそうですw

 

まったくバラバラだったはずの宿泊客たちの伏線が

最後にきれいにまとまったのはさすがだけど、

登場人物の心は読者が強く共感できるほど丁寧には描かれてないように感じました。

特におばさん二人がお互いに抱いている意識のズレね・・・。

そういうのって女性特有のねちっこいもののはずなのに、

描き方としてあまりにあっさりしてるような気がします。

これが女性作家ならこうはいかないでしょ・・・。

 

今作に限らず最近の東野さんの作品って、

ほんとに心が揺さぶられるほどの感動は味わえなくなってきました。

昔はこうじゃなかったんだけどなぁ・・・。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:25 | category:    東野圭吾 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:25 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1274
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links