隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 私という運命について | main | 蒼い瞳とニュアージュ >>
# いつか、僕らの途中で
いつか、僕らの途中で
いつか、僕らの途中で
柴崎 友香, 田雜 芳一
いつか、僕らの途中で/柴崎友香
ポプラ社
1260円
評価 ☆☆☆
書いた手紙メールが相手にまだ届いていない、空白の時間・・・。
その間にも、手紙が届くはずの相手が普通に暮らせてることは、
なんて幸せなことなんだろう――。
京都と山梨、二人を繋ぐ「往復書簡」ストーリー。

(感想)
全ページにデッサン風のイラストが入っていて、
まるで大人のための絵本ムード
雰囲気が柔らかく、
お互いを想う気持ちの安定と誠実さが伝わるイラストです。

好きな人を想い、季節の風を受けながら穏やかな気持ちで手紙を書く。
あたたかい陽射しに包まれて、愛する人からの手紙を読む――。
ささやかだけど、とても贅沢な時間を切り取った本。
離れていても心はいつも近くにある二人――、
読んでいる私まで満ち足りた気持ちになりました。

唯一気になるのは、
20代のカップルの手紙にしては視点も文章も老成してるとこあせあせ
若いわりに熟年(あるいは老人)の落ち着きが・・・。

うん、けどまぁ、これは雰囲気を味わう作品だし、
細かいことは考える必要はないのかも。

●この本が好きな人におすすめなのは・・・
錦繍/宮本輝
| comments(2) | trackbacks(1) | 12:32 | category:    柴崎友香 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:32 | category: - |
コメント
★藍色さん★
こんにちは。
あったかい気持になれる本でしたよね。
手紙のやり取りで綴るスタイルの小説って結構好きかも。
TBもありがとうございました♪
| ともみ | 2008/04/22 11:14 AM |

こんにちは。
イラストがとってもステキでしたね。
穏やかで優しい気持ちになりました。
宮本輝さんの「錦繍」、懐かしいです。あれも手紙だけの作品でしたね〜。
柴崎さん、最近の「主題歌」もよかったですよ。
トラックバックさせていただきました。
| 藍色 | 2008/04/21 2:32 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/127
トラックバック
いつか、僕らの途中で 柴崎友香、田雜芳一
装幀は名久井直子。『川南文藝』連載に加筆再構成。 京都と山梨に離れた二人の往復書簡ストーリー。全ページに描かれた繊細なデッサン画の...
| 粋な提案 | 2008/04/21 2:28 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links