隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 緑の窓口 ~樹木トラブル解決します~ | main | 三千枚の金貨(上)(下) >>
# 危険なビーナス
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 1,100
(2016-08-26)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 危険なビーナス / 東野圭吾(講談社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

弟が失踪した。

彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。

楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。

兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、

時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。

 

 

 

(感想)

 

夢中になってあっという間に読んでしまいました。

でも、冷静になって評価すると東野作品にしては弱い気も・・・。

タイトルから疑うべき人物が想像できちゃうし、

以前の東野作品にあった切なさというか、

人間の最も人間らしい感情・・・みたいなものが見えないんだよなぁ。

面白いんだけど、東野さんだからこそ期待しちゃうものもあるんですよね。

そもそもの読者の期待値が高いから、そこそこの出来でも物足りなさを感じちゃうんです。

 

主人公の伯朗と勇磨の楓を巡る争いなんて、

「エロいおっさん何やってんだ」かんじだしねー。いやねー。

伯朗が単純バカすぎて、呆れちゃう。

こんな男に読者は共感・応援できないぞ。

 

楽しめたけど、「え?この人が犯人?」って結末もあっけなく、

2時間サスペンス的なお話でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:58 | category:    東野圭吾 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:58 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1265
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links