隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ランチ酒 | main | 月夜の散歩 >>
# どん底名人
評価:
依田 紀基
KADOKAWA
¥ 1,620
(2017-11-10)

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 どん底名人 / 依田紀基(角川書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

「私はこの本を、遺言のつもりで執筆した」
北海道から単身上京して内弟子となり、囲碁界の頂点を極め、

しかし女やギャンブルに溺れ下り坂に至るまでの明暗を、

自ら向かい合い書き抜いた類まれなる自伝。

 

 

 

(感想)

 

囲碁棋士・依田紀基の自伝。

タイトルに「どん底」とあるように、

たしかに波乱万丈、人生すごいところまでいっちゃってるんですね・・・。

けど、自分をどん底に追い込んだのは依田さん自身でしかないし、

自業自得だろうという感想しか持てませんでした。

囲碁界も若手がどんどん台頭してきてるけど、

私は依田さんだってまだまだ第一線の棋士だと思うけどなぁ。

50歳は「遺言」なんて言って枯れるような年齢ではないですよ。

もう地獄見ちゃったんだから、

開き直るような気持ちでまだまだ頑張ってほしいです。

 

自分の行いのせいでどん底味わった自業自得のこの人だけど、

何よりも「この人、ダメだろ」と思うのは、

別居中の子供たちから会ってもらえないような状況であるにもかかわらず、

こんな本を出してること!!

別居してて直接伝えられない状況だから、

本という形で自分が人生で学んだ経験を子供たちに伝えたいと書いてはいる。

でも、バクチ・酒・女におぼれ、最高で8股してたなんて、

そんなことを世間にさらしてくれるなよ・・・・。

子供全員未成年なのに、

こんなん読んだらどう思うよ・・・かわいそうだよ・・・。

この人生、いま、本という形で未成年の子供に知らせるってどうよ?

自伝出すのは勝手だけど、奥さまや子供たちの気持ちを考えると

「息子たちに伝えたい」なんて書くべきじゃなかったのではと思います。

あまりに自分勝手としか思えません。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:36 | category: 作家名 や行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:36 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1259
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links