隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秘密の花園 | main | 星宿海への道 >>
# BUTTER
評価:
柚木 麻子
新潮社
¥ 1,728
(2017-04-21)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 BUTTER / 柚木麻子(新潮社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

男たちから次々に金を奪った末、

三件の殺害容疑で逮捕された女、梶井真奈子。

世間を賑わせたのは、彼女の決して若くも美しくもない容姿だった。

週刊誌で働く30代の女性記者・里佳は梶井への取材を重ねるうち、

欲望に忠実な彼女の言動に振り回されるようになっていく。

濃厚なコクと鮮烈な舌触りで著者の新境地を開く、圧倒的長編小説。

 

 

(感想)

 

これは柚木麻子の新境地!

あの木島佳苗が引き起こした

「首都圏連続不審死事件」をモチーフにした作品です。

ノンフィクションやルポではなく、

あくまであの事件を連想させるだけのフィクションですが、

木島佳苗ご本人はこの作品を読んで激怒したそうです。

 

とにかく上手いな〜と思ったのは、

バターという食材の特徴を、印象強く利用してるとこ。

あまりの濃厚さに胸やけしそうでした。おなかいっぱい!

当然のことながら食べ物の描写も多いのですが、

欲望のままに食の快楽を満たしていく様子は、

性的な表現を使ってるわけではないのに、たまらなくエロい!

特に主人公の里佳と篠井さんの鉄板焼きの場面などはゾクゾクするほどです。

 

けど後半にすすむにつれ、

ストーリーが読みたい方向とは別の方へ流れていったのが残念。

犯罪者と記者である里佳のスリリングなやり取りが面白かったのに、

なぜかいつのまにか里佳の成長物語に変わってましたw

ちびくろサンボのトラたちがぐるぐる回って溶けあって、

バターになってしまったように、

里佳の周りの人間関係もみんな交じり合って、

全員知り合いになって、仲良くなって、

ハートウォーミングな雰囲気がなんだかなぁ・・・。

 

最後に一言。

166センチ、59キロはそんな騒ぐほど太ってないと思いまーす。

数カ月で49キロからの10キロ増には周囲は驚くかもしれないけど、

この身長なら59キロだって健康的。なんの問題もないでしょう。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:55 | category:    柚木麻子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:55 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1250
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links