隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 成功者K | main | R帝国 >>
# 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと / 西原理恵子(角川書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

七転び八転びしながら仕事に全力投球し子どもを必死に育てあげたサイバラかあさんが、

今だからこそ言っておきたい、厳しくもハートフルな人生指南。
「王子様を待たないで。お寿司も指輪も自分で買おう」――
目下子育てに奮闘しているママにも、反抗期まっさかりの子どもにも、

大きくなった元・女の子の娘さんにも、胸にすとんと落ちるメッセージは、
血の通った経験則にもとづく幸せの極意。
これからの時代を自立的に生きるための気づきが満載。

女性のための新バイブル。

 

 

 

(感想)

 

私、実は西原理恵子さんのエッセイどころか漫画も読んだことなくて、

今作がはじめての西原理恵子体験でした。

もちろんお父様のことや離婚した旦那さんのことも何も知らず、

こんなに男に振り回されて波乱万丈生きてこられた人なのか〜と、まず驚き。

なのに!西原さん、こんなに男でしくじってきたのに、

それでも「もう誰のことも好きになれないと思ったことは一度もなかった」と言えるんだから強いなー。

男性に依存せず、自分の力でたくましく生きている人だからこそこんな風に思えるのかもしれません。

“女の一途は幸せの邪魔”・・・うーん、たしかにその通り!

 

自分で這い上がった人の言葉だからこそ説得力がありました。

自分の力で夢をつかんで、その世界で稼いで食べるお寿司と、

若さや容姿に惹かれて寄ってくる男に奢ってもらって食べる寿司、

同じ寿司でもどっちが美味しいか・・・それは言わずもがなですよね?

貧困や学がないことによって、

自分で選択する自由すらも得られない生き方は、だめ。

西原さんの言うように「自由は有料」なのです。そして「責任も有料」。

まずは自分の人生を自分で選びとれるための努力をし、

自分で人生に責任を持つ権利も勝ち取ろう。

そのために努力した経験自体が大きな力になるだろうし、

そこで培った根性は万が一転んでしまったときに、

へこまずにしっかり立ち上がれる力にもなるはずです。

そして、そんな頑張ったあなたなら、

西原さんが高須先生と出会えたように、

きっと素敵な王子様に見つけてもらえるはず・・・そう信じたい!!

 

この本、タイトルを見ると、

これから巣立っていく未成年の子のための本と思われそうだけど、

それよりは人生の方向性に迷っている20~30代のお姉さん方や、

まさに女の子の子育て真っ最中の若いママさん達にも十分響くと思います。

もちろんこの西原さん流の幸せの勝ち取り方は、

女性にしか当てはまらないというわけではありません。

男性にも読んでほしいです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:16 | category: 作家名 さ行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:16 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1239
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links