隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 私をくいとめて | main | ときどき旅に出るカフェ >>
# ガーデン
評価:
価格: ¥ 1,512
ショップ: 楽天ブックス

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ガーデン / 千早茜(文藝春秋)

 

 評価 ☆☆☆

 

花と緑を偏愛し、生身の女性と深い関係を築けない、帰国子女の編集者。
異端者は幸せになれるのか。幸せにできるのか。
著者会心の感動作。

 

 

 

(感想)

 

静かな空気感を持つ作品。

けど、燃えるよう荒々しい人物の登場により、その世界観は壊されます。

その瞬間の“何かが動き出す予感”にはゾクゾクしました。

 

植物を偏愛する帰国子女の主人公は、

人との距離の取り方が苦手で、近づけば近づくほど孤独を感じてしまう。

なーんか生命のエネルギーをまったく感じない人です。

そのせいかこんなにも植物がたくさんでてくる作品なのに、

彼の部屋の植物からにも生き生きとした生命力は感じない。

まるですべてが造花みたいに無機質に思えてきちゃってw

けど逆に女性たちはギラギラしています。

どの人もがんばって、悩んで、自分なりに道を切り開こうとしている。

そん対照的な描かれ方が女性として小気味よかったです。

 

“男は必ず間違える”・・・ある登場人物(もちろん女性)のこの言葉にドキン!

激しく共感いたしました。

彼らは間違えたことをいえばめんどくさいことになることを最初からわかってる。

だからそれを回避するために“本音”ではなく“正解”を言おうとする。

でも女にはそんなのバレバレで結局、余計にめんどうなことになる。

ねぇ、どうして彼らはそこまでの計算ができないんでしょうね?

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:37 | category:    千早茜 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:37 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1235
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links