隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< わたしたちは銀のフォークと薬を手にして | main | 私をくいとめて >>
# やめるときもすこやかなるときも

JUGEMテーマ:小説全般

 

 やめるときもすこやかなるときも / 窪美澄(集英社)

 

 評価 ☆☆☆

 

家具職人の壱晴は毎年十二月の数日間、声が出なくなる。

過去のトラウマによるものだが、原因は隠して生きてきた。

制作会社勤務の桜子は困窮する実家を経済的に支えていて、恋と縁遠い。

欠けた心を抱えたふたりの出会いの行方とは。

 

 

 

(感想)

 

誰だって過去のトラウマや背中に重たく抱えているものの1つや2つ、必ずあります。

そんな重い荷物を抱えて生きている二人が

お互いに欠けたものをゆっくり補い合うことで関係を深めていくお話でした。

しかし壱晴の過去のトラウマが

「おそらくこういうことなんじゃね?」って私が想像してたものそのまんまで、

ありきたりというか、韓ドラっぽいというか・・・w

 

壱晴は過去のトラウマを話し、

桜子とともにあの場所へもう一度戻ることで重い荷物の半分を桜子に背負ってもらえる。

けど、逆に桜子は愛した男性の重い荷物を背負わされることになる。

しかもどんなに桜子が彼を支え、愛したとしても、彼の傷は絶対になくなることはない。

相当の強い気持ちと覚悟がないとキツい恋だなぁ。

そんな二人の心の動きを一方の視点からではなく、

交互に描くスタイルの作品だからせつなさは余計に増します。

 

二人の恋の行方も気になりますが、

それよりも何よりも私が「ああ?」って思ったのは、

32歳で処女の友達に彼氏ができて幸せいっぱいの桜子に対して、その友人が、

「うまくいってる恋愛を女友達に話すときは最大限に気を使って。

 それが女社会のルールだよ」なんて言葉を吐いたこと。

友達なのにさ、

32まで恋愛に恵まれてこなかった女の子がやっとつかんだ幸せに対してよくこんなこといえるよ。

つくづく女ってこえーなと思った場面でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:11 | category:    窪美澄 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1233
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links