隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 騎士団長殺し(第1部・第2部) | main | 東京會舘とわたし(上・下) >>
# ダメをみがく “女子”の呪いを解く方法

JUGEMテーマ:読書

 

 ダメをみがく “女子”の呪いを解く方法 / 津村記久子 深澤真紀

 

 評価 ☆☆☆

 

最初の会社をパワハラで退社した芥川賞作家と、

150社以上就職活動と転職活動をした経験をもつコラムニストが、

世間知らず・不器用、KYなままでも、なんとか社会で生き延びていくための技術を語り尽くす。

世の中をすいすい渡っていけないことに悩む、すべての女性に捧ぐ。

 

 

 

(感想)

 

女子力のない2人の女性による対談集。

「わかるわ!」「なるほど〜」と気になったページに折り目をつけながら読んでいき、

読み終えたときに本を横から見てみたら、とんでもない量の折り目が!!

いやー、共感し、勇気づけられることの多い作品でしたw

 

特に「社会のへんなおばさんとして生きていく」という章には大共感!!

自分は社会に対してどんな立ち位置でありたいのか、

目指すべきところへのヒントをもらえたような感じです。

けど、それと同時に

「ある程度年を取ったら教える側に回るべき。最後まで自分磨きしか考えられん人はダメ」というのにはガツーンとやられました。

・・・はぁぁ、私、この年になってもいまだ自分のことしか考えておりませんよ。

たしかにダメ女ならダメ女なりに、反面教師として教えられることもありますよね?

私が人に何かを教えるとしたらその道しかないから、開き直って恥をさらしていこうと思います。

 

けど実際の話、この二人は彼女たちは仕事はきちんとできてるし、社会的な信用もあります。

社会から見れば、決して「ダメ」なんかじゃありません。

ただちょっと女子力が低く、家族とうまくいっていない部分があるだけでは?

この本、「ダメ」の基準をどこに置くかによって、評価は大きくわかれそうです。

 

この本は基本「仕事」「生活」をメインに語られています。

そういう趣旨の本であることは重々承知してるのですが、

だけどやっぱり一般的な女性が好きなのは「恋愛」「結婚」ネタ。

このへんの話題がほとんどないのは、女性読者としては少し物足りなかったです。

ダメ女の恋愛観・結婚観なども語ってほしかったなぁ。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:55 | category: アンソロジー、競作 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:55 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1230
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links