隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アンマーとぼくら | main | たった、それだけ >>
# 月の満ち欠け
評価:
佐藤 正午
岩波書店
¥ 1,728
(2017-04-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 月の満ち欠け / 佐藤正午(岩波書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?

三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生。

その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。

この数奇なる愛の軌跡よ!

さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

 

 

(感想)

 

2017年上半期、いちばん面白かった本は間違いなくこれです。

最近にないくらいのめり込みました。

人間関係が複雑なので、

これから読む人は人物相関図を作りながら読むのをおすすめします。

 

大好きだった人に再会するために何度も生まれ変わりを繰り返して、

彼と接触を試みようとする女性とその周囲の人々の話です。

だけど時の流れは残酷なもので、

彼女が何度かの生まれ変わりを繰り返している間、

彼はどんどんおじさんになっていく・・・。

結果、少女がおじさんを心と体で求めてるような感じになってしまい、

そのへんに生理的な不快感を感じる人もいるかもしれません。

何度生まれ変わってもあなたを求めてる・・・これを女の執念ととるか、

純愛ととるかでも賛否は大いにわかれそうです。

 

ある登場人物が自分達の身近に起こったこの生まれ変わりらしき現象に対し、

「生まれ変わりが絶対にあると信じろと主張してるわけではないのです。

 ただ生まれ変わりなどそれまで考えもしなかった人に、

 そういう考え方も一理あるということをわかってほしい」

というようなことを語るシーンがありますが、

これは世の中のどんなことにも当てはまります。

ちょっと作者の伝えたいメッセージとはかけ離れた感想になってしまうかもしれませんが、

自分の中の常識だけにとらわれず、

「こんなこともある」「こんな人もいる」と受け入れられる柔軟さ。

こういう柔らかな目で物事を見ることのできる人になりたいと思いました。 

| comments(2) | trackbacks(0) | 15:11 | category:    佐藤正午 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:11 | category: - |
コメント
みもりさん

コメントありがとうございます!!
このブログ、その本が特に好きでも嫌いでもなかったり、
読んでから感想を書くまでに期間があきすぎたりすると
ついつい短めのやっつけ感を感じる文章になってしまうはお許しくださいね。
逆に人生観や恋愛観を揺さぶられた時は思いっきり長くなりますがw

私も今忙しくて、しばらくはこのブログの更新はのんびりになりそうです。
気ままなブログですが今後もよろしくお願いします♪♪
| ともみ | 2017/06/30 7:52 AM |

いつも楽しみに見ています。
ともみさんの評価、感想は甘すぎず辛すぎず、なんだか信用できます。

佐藤正午、私も大好きな作家さんです。
しばらく忙しくて遠のいていた本読み。
復帰第一弾はこれにしようかな。
| みもり | 2017/06/28 12:46 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1227
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links