隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< クラウドガール | main | ストロベリーライフ >>
# 石、転がっといたらええやん。

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 石、転がっといたらええやん。 / 岸田繁(ロッキング・オン)

 

 評価 ☆☆☆

 

音楽誌『ロッキング・オン・ジャパン』で11年続くエッセイが初の書籍化。

バンドのこと、音楽のこと、電車のこと、京都のこと、

酒に珍味のコモドオオトカゲのことまで岸田繁的思考の欠片がこの一冊に。

 

 

 

(感想)

 

音楽誌『ロッキング・オン・ジャパン』2006年6月号から

2016年12月号まで掲載された連載コラムをまとめたものです。

ジャパンは2年に一回くらい買う程度で、

買ったらもちろんこの連載は読んだはずだけどまったく記憶なし。

118本の短いコラム、すべてを初読みの新鮮な気持ちで読めました。

 

しかし、これはなかなかクセのある本だなー。

連載を毎号毎号読んでる分にはあまり感じないんだろうけど、

10年分をドーンと出されると「うわっ」とくるものがある。

マニアックすぎる音楽ネタも多いし、いきなり小説みたいなものがあったり、

くるりファンだから楽しめるってもんでもない。

まぁ、無理せず興味のある部分だけ読むくらいの気持ちでいいと思います。

私はくるりが大好きだけど、

古いバンドの名前とか、音楽用語とかはちんぷんかんぷん。

なので専門的な話よりは、

日常のなにげない話題の章などの方が素直に頭に入ってきて、楽しめました。

私にとっては岸田繁は大スターなのに、

そんな岸田ほどのスターが引っ越し先で近隣の人と仲良くなりたくて努力してるとか、

豆腐屋に油揚げだけ買いに行くとか、土鍋でごはんが炊けるとか、

そんな「生活をしっかりしている感」はとても好きです。

 

でも、「こういう連載なんだ」というスタイルを特に持たず、

忙しくっても鬱になっても一度も締め切りを破らずに10年続けたというのは、

何度もメンバーチェンジをし、

常に新しい音楽を模索して、「カメレオンバンド」とも言われる

くるりというバンドのこれまでの歩みに似ています。

岸田という人は型にこだわらず、コツコツ続ける性格なんでしょうね。

 

あと、なんでだろww

「トイレ」とか「便器」とか「突然、原因不明の腹痛」とかそれ系のネタがやたら多し。

好きなんですね、こういう話がw

しょーもない幼稚園児みたいでなんだかほほえましかったですw

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:05 | category: 作家名 か行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:05 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1221
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links